データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ロイヤルズ、俊足ゴアと1年契約 通算1安打“代走のスペシャリスト”が古巣に帰還

2018/12/19

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , ,



驚異の脚力で活躍、ポストシーズンでも躍動

 
 カンザスシティ・ロイヤルズがテランス・ゴア外野手を獲得したことが分かった。地元メディア『THE KANSAS CITY STAR』が18日(日本時間19日)、伝えた。
 
 同メディアによると、ロイヤルズはゴアと1年契約を結んだとのこと。ゴアは今季開幕をロイヤルズで迎えたものの、シーズン途中の8月に金銭トレードでシカゴ・カブスに放出されていた。今回で古巣に出戻った形となった。
 
 ゴアは2014年にロイヤルズでメジャーデビュー。ゴアはメジャー5年間で1安打しか放っておらず、今季終了時点での通算打率は.063(16打数1安打)と決してメジャーレベルとは言えない打撃力だ。
 
 しかし、ゴア最大の武器はその脚力にある。メジャー昇格後は主に「代走のスペシャリスト」としてプレー。これまで通算で27盗塁を決め、失敗はわずか4回。盗塁成功率は約87%と非常に高い数字になっている。今季は14試合の出場で打率.200、0本塁打、0打点、6盗塁の成績。盗塁失敗は0だった。
 
 ゴアはポストシーズンでの活躍も目覚しく、ロイヤルズで2014年に3盗塁、2015年には1盗塁を決めて世界一に輝いている。今季もカブスの一員として出場し、1盗塁を決めていた。また、ポストシーズンでも通算で失敗はわずか1回と自慢の脚力をいかんなく発揮している。
 
 ロイヤルズは11日(同日)にシンシナティ・レッズからノンテンダーFAになっていた通算277盗塁のビリー・ハミルトン外野手を獲得。チームには45盗塁で今季盗塁王のウィット・メリフィールド内野手がいるなど俊足の選手が揃っている。
 
 今季は58勝104敗でアメリカン・リーグ中地区4位と大きく沈んでいたロイヤルズだが、球界屈指のスピードスター集結で来季の順位浮上もありそうだ。




  • 記者募集