データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【MLB】マエケン、まさかの4被弾で自己ワーストの6失点 Dバックス打線にまたしても捕まる

2017/04/23

text By

photo

Getty Images

タグ: , ,



 ロサンゼルス・ドジャースに所属する前田健太投手が、22日(日本時間23日)に敵地でアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦に先発登板。5回を投げ83球、9安打、4本塁打、5三振、6失点という結果だった。
 
 初回にヘルナンデスの本塁打で先制点をもらった前田だったが、1回裏に昨季打率.467とMLBで最も打たれていた4番・ラムに逆転の2ラン本塁打を許す。さらに、続くトマスにも右中間へソロアーチを叩き込まれ、初回に3失点を喫してしまった。
 
 2回には1死から連打でピンチを迎えた前田だったが、この回は3番・ゴールドシュミットを中飛に抑え、なんとか0点に抑える。3回にはこの日初の三者凡退を記録し、調子を取り戻したかと思われたが、4回に2ラン本塁打を浴び5失点とする。
 
 5回もマウンドに上がった前田は、1死からトマスにまたしても本塁打を叩き込まれ、6失点。この回を投げ終わったところで後続と交代した。
 
 前回登板でも、ダイヤモンドバックス相手に4回4失点と捕まった前田。この日の登板では修正が期待されたが、さらに悪い結果となってしまった。自責点6はMLBに来てから自己ワースト。前田にとっては最悪の4月が続いている。

スポンサードリンク