データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【MLB】上原、ピンチで好投も・・・味方の失策で失点を許す

2017/04/11

text By

photo

Getty Images

タグ: ,



 シカゴ・カブスの上原浩治投手が、10日(日本時間11日)に本拠地で行われたロサンゼルス・ドジャース戦に1死一二塁の場面で5番手として登板。味方の失策で、二塁走者の生還を許すも、打者2人を完璧に抑えた。
 
 2対1とカブスが1点リードとして迎えた8回表は、4番手のストロップが登板。先頭打者を安打で出塁させると、1死から死球を与え、一二塁として上原と交代する。
 
 その上原は対する代打のアットリーを一ゴロに打ち取るも、併殺を狙った遊撃手のラッセルが一塁へ悪送球。まさかの味方のエラーで同点に追いつかれてしまう。続くプイグヘは高めの直球で空振り三振に打ち取るも、上原にとっても、チームにとっても不運な失点でゲームは同点となってしまった。
 
 上原は2/3回を10球、1三振とし、4試合連続で無失点とした。

スポンサードリンク