データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【MLB】ダルビッシュ、初の開幕投手は7回途中4失点。チームはダル降板後に逆転負け

2017/04/04

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , ,



 テキサス・レンジャーズのダルビッシュ有投手が、3日にテキサス州グローブライフ・パーク・イン・アーリントンでクリーブランド・インディアンスとの開幕戦に先発登板。メジャーリーグで自身初の開幕投手となった試合は6回1/3を4安打、5四球、4三振、4失点で降板した。チームは5対8で敗れた。
 
 ダルビッシュの初回は3番・ブラントリーをスライダーで、4番・エンカーナシオンを直球で見逃し三振に奪う上々の立ち上がりを見せた。
 
 2回裏にオドーアの本塁打でチームは1点を先制する。しかし3回表に四球と二塁打でピンチを招くと、2番・リンドーアに犠飛を打たれ、今季初失点を喫した。
 
 レンジャーズは3回裏にゴメスとオドーアの2打席連続弾でさらに4点を追加し、ダルビッシュを援護する。しかし、4回表には甘く入ったツーシームを5番・ラミレスに捉えられ2ラン本塁打を打たれてしまう。
 
 この日のダルビッシュは制球が微妙に定まらずに5四球を献上。5回表には失策と2つの四球で無死満塁の大ピンチを作るが、リンドーアを1-2-3の投ゴロ併殺に、ブラントリーを一ゴロに打ち取り無失点に切り抜けた。
 
 7回には二塁打と暴投で三塁まで進めた走者を、暴投と振り逃げで4点目を失点
した。ここで、球数が100球に近づき、1点をリードした展開で後続のブッシュと交代した。
 
 8回表には2番手のブッシュが、今季からインディアンスに加入したエンカーナシオンに一発を浴び、同点とされる。
 
 さらに9回表にはWBC米国代表のダイソンが勝ち越し打を浴び、レンジャーズは敗戦。ダルビッシュの白星はお預けとなった。レンジャーズは昨季ア・リーグ王者のインディアンスの猛攻を止めることができなかった。

スポンサードリンク

shiro