データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ダルビッシュ有、4回8失点KOで10敗目 同地区首位相手に今季ワースト4被弾、キャリア2度目の2桁敗戦

2021/09/14

text By

photo

Getty Images



 サンディエゴ・パドレスのダルビッシュ有投手は13日(日本時間14日)、敵地で行われたサンフランシスコ・ジャイアンツ戦に先発登板。4回8失点でノックアウトされ、今季10敗目を喫した。
 

 
 ダルビッシュは初回、トミー・ラステラ内野手の先頭打者弾でいきなり先制点を献上した。その後も2つの四球を与えるなど制球が定まらず、6番エバン・ロンゴリア内野手の3ランなどで一挙5失点。厳しい立ち上がりとなった。

 続く2回は、1死から四球を出すも無失点。3回は三者凡退とし、立ち直る兆しを見せた。
 
 しかし4回、先頭のマイク・ヤストレムスキー外野手にソロホームランを許すと、2死一塁から2番ブランドン・ベルト内野手にも2ランを被弾。計4本の本塁打を浴び、このイニング限りで無念の降板となった。
 
 この日のダルビッシュは、4回(96球)を投げ、被安打6、被本塁打4、与四死球3、奪三振3、失点8の成績で10敗目(8勝)。防御率4.32、WHIP1.09。2017年以来となる自身2度目の2桁敗戦を喫した。
 
 パドレスは、1-9で敗戦。悪い流れを断ち切れず、4連敗となった。






  • 記者募集