データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【速報】野球日本代表侍ジャパン、伊藤大海が同点のピンチ脱出! 7回2死三塁で1番打者を打ち取る【東京五輪(東京オリンピック)】

2021/08/07

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<東京五輪 野球競技 決勝戦 アメリカ ー 日本>(7日、横浜スタジアム)
 

 
 東京五輪(東京オリンピック)・野球競技最終日が7日、横浜スタジアムで行われ、野球日本代表「侍ジャパン」は、決勝戦でアメリカ代表と対戦。

 3回に8番・村上宗隆のソロ本塁打で先制した侍ジャパン。先発・森下暢仁が5回無失点投球でリードを守った。
 
 しかし7回、3番手・伊藤大海が1死から8番ニック・アレンに左中間への二塁打を打たれ、内野ゴロの間に2死三塁。同点の走者を三塁に置いたが、1番エディ・アルバレスを一ゴロに打ち取り、無失点でピンチを切り抜けた。
 
【スコア速報】野球・決勝戦 日本代表侍ジャパン対アメリカ代表






  • 記者募集