データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【速報】野球日本代表侍ジャパン、初回の攻防は両チーム無得点 森下暢仁は三者凡退の立ち上がり【東京五輪(東京オリンピック)】

2021/08/07

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<東京五輪 野球競技 決勝戦 アメリカ ー 日本>(7日、横浜スタジアム)
 

 
 東京五輪(東京オリンピック)・野球競技最終日が7日、横浜スタジアムで行われ、野球日本代表「侍ジャパン」は、決勝戦でアメリカ代表と対戦。

 侍ジャパンの先発マウンドは、森下暢仁。初回の立ち上がりは、先頭のエディ・アルバレスを遊飛、2番タイラー・オースティンを遊ゴロ、3番トリスタン・カサスを投ゴロに打ち取り、三者凡退の好スタートを切った。
 
 打線はその裏、アメリカの先発ニック・マルティネスに対し、先頭の山田哲人が安打で出塁。しかし、2番・坂本勇人は中飛、3番・吉田正尚は強烈な当たりが一塁の正面を突き、併殺打で無得点となった。
 
【スコア速報】野球・決勝戦 日本代表侍ジャパン対アメリカ代表






  • 記者募集