データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【速報】野球日本代表侍ジャパン、2点リードで5回終了 山本由伸が5回8Kと韓国打線を圧倒【東京五輪(東京オリンピック)】

2021/08/04

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<東京五輪 野球競技 準決勝 韓国 ー 日本>(4日、横浜スタジアム)
 

 
 東京五輪(東京オリンピック)・野球競技8日目が4日、横浜スタジアムで行われ、野球日本代表「侍ジャパン」は第2試合の準決勝で韓国代表と対戦。

 侍ジャパンの先発・山本由伸は、初回に1死二、三塁のピンチを背負ったが、4番ヤン・ウィジ、5番キム・ヒョンスから続けて空三振を奪い、無失点。2、3回は3人で終え、試合の流れを引き寄せた。
 
 一方で、韓国先発コ・ヨンピョに苦しんでいた打線だったが、3回、先頭の8番・村上宗隆、9番・甲斐拓也が連続安打。1番・山田哲人の犠打で二、三塁とチャンスを拡大させ、2番・坂本勇人はセンターへ犠飛を放ち、大事な先制点を奪った。
 
 援護をもらった山本は、4回を三者凡退、5回には得点圏に走者を背負ったが、アウトすべてを三振で奪う圧巻の投球を披露。すると打線は5回、1死三塁から3番・吉田正尚が適時打を放ち、貴重な追加点を奪った。試合は5回を終了し、2点リードの展開となっている。
 
【スコア結果速報】野球 日本代表侍ジャパン対韓国代表(準決勝)






  • 記者募集