データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【結果速報】野球日本代表侍ジャパン、韓国破り決勝進出! 因縁の“日韓戦”制し「銀」以上確定、山田哲人が殊勲の3点適時二塁打【東京五輪(東京オリンピック)】

2021/08/04

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<東京五輪 野球競技 準決勝 韓国 2ー5 日本>(4日、横浜スタジアム)
 

 
 東京五輪(東京オリンピック)・野球競技8日目が4日、横浜スタジアムで行われ、野球日本代表「侍ジャパン」は第2試合の準決勝で韓国代表と対戦。侍ジャパンが5-2で勝利を掴み、決勝進出を決めた。

 試合が動いたのは3回、侍ジャパンは先頭の8番・村上宗隆、9番・甲斐拓也が連続安打、1番・山田哲人の犠打で二、三塁とチャンスを拡大させ、2番・坂本勇人はセンターへ犠飛で先制。さらに5回、1死三塁から3番・吉田正尚が適時打で追加点を奪った。
 
 先発・山本由伸は、5回まで8奪三振を奪うなど韓国打線を圧倒したが、6回、先頭のパク・ヘミンの安打に左翼手・近藤健介の失策が重なり無死二塁とされると、続く2番カン・ベクホに適時打を許し、1点差に。さらに一、三塁のピンチを迎え、4番ヤン・ウィジを空三振としたところで、2番手・岩崎優にスイッチ。岩崎は、5番キム・ヒョンスにセンター前へ運ばれ同点に追いつかれた。
 
 7回からは、伊藤大海がマウンドに上がり、2イニングを無失点。打線は同点のまま迎えた8回裏、この回からマウンドに上がったコ・ウソクに対して1死から6番・柳田悠岐が安打を放ち、続く近藤健介の一ゴロで走者は入れ替わったが、パスボールで近藤が二塁へ。8番・村上宗隆は申告敬遠、9番・甲斐拓也は四球で2死満塁の局面を迎え、1番・山田哲人は初球の速球を完璧に捉えた。打球は左中間のフェンスに直撃する走者一掃の適時二塁打。この一打で3点のリードを奪った。
 
 3点リードの9回には、守護神・栗林良吏が登板。四球とワイルドピッチで無死二塁とされたが、後続を落ち着いて打ち取り、無失点で試合を締めくくった。
 
 勝利した侍ジャパンは、7日・19時から行われる決勝進出が決定。敗れた韓国は、あす・19時からアメリカと再び準決勝を戦うこととなった。
 
【スコア結果速報】野球 日本代表侍ジャパン対韓国代表(準決勝)






  • 記者募集