データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【速報】野球日本代表侍ジャパン、土壇場9回に追いつき延長タイブレークへ 柳田悠岐の内野ゴロの間に同点【東京五輪(東京オリンピック)】

2021/08/02

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<東京五輪 野球競技 ノックアウトステージ アメリカ ー 日本>(2日、横浜スタジアム)
 

 
 東京五輪(東京オリンピック)・野球競技6日目が2日、横浜スタジアムで行われ、野球日本代表「侍ジャパン」は第2試合でアメリカ代表と対戦。

 先制したのは、侍ジャパンだった。3回、2死から2番・坂本勇人が中堅フェンス直撃の二塁打でチャンスメイクを見せると、続く3番・吉田正尚のセンター前への適時打で先制。なおも2死満塁とアメリカ先発シェーン・バズを攻め立て、6番・柳田悠岐の遊撃内野安打で2点を先行した。
 
 侍ジャパンの先発・田中将大は、ピンチを迎える場面もあったが、3回まで無失点投球を見せた。しかし、援護をもらった直後の4回、1死から4番トリスタン・カサスに四球を与え、5番トッド・フレイジャーに左中間を破る適時二塁打を献上。フレイジャーは送球間に三塁へ進み、次打者に死球で一、三塁とされると、7番マーク・コロズバリの適時打、9番ニック・アレンの右翼線への二塁打で逆転を許し、無念の降板となった。
 
 その後も、点の取り合いとなった。侍ジャパンは4回裏、2死二塁から2番・坂本の左翼フェンスに直撃する適時二塁打で同点。5回のマウンドに上がった青柳晃洋は、無死一、二塁から4番カサスに逆転3ランを被弾したが、5回裏には4番・鈴木誠也の今大会初安打となる左翼席へのソロ、7番・菊池涼介の適時内野安打で点差を縮めた。
 
 侍ジャパンは6回、4番手として千賀滉大がマウンドへ上がり、圧巻の三者三振。7回は千賀が続投し、8回を山﨑康晃、9回を大野雄大が無失点で抑え、1点差のまま最終回の攻撃へとつなげた。
 
 後がない打線だったが、9回裏、1死から4番・鈴木の四球、5番・浅村栄斗の右安で一、三塁のチャンス。6番・柳田悠岐の二ゴロの間に同点に追いついた。試合は、タイブレーク制(無死一、二塁から開始)が適用される延長戦へと突入した。
 
【スコア結果速報】野球 日本代表侍ジャパン対アメリカ代表






  • 記者募集