データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【速報】野球日本代表侍ジャパン、山田哲人が3ランホームラン! チーム今大会初本塁打を左中間スタンドへ【東京五輪(東京オリンピック)】

2021/07/31

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<東京五輪 野球競技 オープニングラウンド 日本 ー メキシコ>(31日、横浜スタジアム)
 

 
 東京五輪(東京オリンピック)・野球競技4日目が31日、横浜スタジアムで行われ、野球日本代表「侍ジャパン」は第1試合でメキシコ代表と対戦。

 試合は、序盤から動きを見せた。初回、侍ジャパンの先発・森下暢仁(広島)は、先頭のイサーク・ロドリゲスに安打を打たれ、ワイルドピッチで無死二塁のピンチ。1つアウトを重ねたが、3番ジョーイ・メネセスの打球はセンター前へ。スタートを切っていた二塁走者が生還し、いきなり先制点を献上。しかし打線は、すぐさま同点に追いつく。2回、先頭の5番・浅村栄斗(楽天)、7番・菊池涼介(広島)の安打で1死一、二塁。8番・村上宗隆(ヤクルト)は空三振に倒れたが、9番・甲斐拓也(ソフトバンク)がしぶとく二遊間を破る適時打を放った。
 
 続く3回、先頭の2番・坂本勇人(巨人)は左翼への二塁打で得点圏へ。その後、相手のミスも絡んで1死一、三塁の場面を迎え、5番・浅村栄斗(楽天)はタイミングを外され投ゴロとなったが、投手がやや処理をもたつく間に三塁走者・坂本が生還。侍ジャパンが逆転に成功した。
 
 さらに4回、メキシコの2番手エドガー・アレドンドの代わり端を捉える。1死から8番。村上が安打で出塁。9番・甲斐が左翼線への二塁打で繋ぐと、1番・山田哲人(ヤクルト)が甘く入った速球を完璧に弾き返した。ライナー性の打球はそのまま左中間スタンドに飛び込み、日本にとって今大会初本塁打の3ランとなった。
 
【スコア結果速報】野球 日本代表侍ジャパン対メキシコ代表 スタメン・試合経過・結果・スコア情報






  • 記者募集