データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【東京五輪】侍ジャパン、終始頼もしかったパ・リーグ選手の存在 セ・パ相乗効果で劇的勝利掴む【東京オリンピック・野球日本代表】

2021/07/28

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<東京五輪 野球競技 オープニングラウンド ●ドミニカ 3ー4 日本〇>(28日、福島あづま球場)
 
 東京五輪(東京オリンピック)・野球競技1日目が28日、福島あづま球場で行われ、野球日本代表「侍ジャパン」はドミニカ共和国代表と対戦。侍ジャパンは最終回に一挙3点を奪い、4-3で劇的なサヨナラ勝ちを収めた。
 

 
 終始パ・リーグ勢の頼もしさが光る試合だった。

 初回、ドミニカ先発C. C. メルセデスの立ち上がりに対し、1番・山田哲人(ヤクルト)は空振り三振、2番・坂本勇人(巨人)は捕邪飛に倒れる淡白な攻撃。続く吉田正尚(オリックス)がチーム初安打を放ち初回三者凡退を免れたが、続く鈴木誠也(広島)が投ゴロに倒れた。
 
 以降はメルセデスにペースを掴まれ、6回まで無安打に抑え込まれる。しかし2点ビハインドで迎えた7回、5番・浅村栄斗(楽天)、6番・柳田悠岐(ソフトバンク)が連打でチャンスメーク。無死二、三塁の大チャンスとなったが、菊池涼介(広島)は空振り三振で走者を還せず。続く村上宗隆(ヤクルト)は内野ゴロで打点を挙げたが、この回はこの1点止まり。2死三塁で打席に立った甲斐拓也(ソフトバンク)は引きつけてライトへ惜しい当たりを飛ばした。結果論だが、もし菊池がこうした打球を外野へと飛ばすことができていれば、この回同点に追いつく可能性もあった。
 
 8回には、四球で出塁した山田を坂本が犠打で進めて、1死二塁のチャンスを作った。しかし、吉田がつなぎのバッティングでレフト方向に弾き返すと、二塁走者・山田は本塁を狙って憤死。同点のチャンスを不意にした。さらに、2死二塁と好機は続いていたが、4番・鈴木は当てるだけの形で二ゴロに倒れた。
 
 だが2点を追う最終回、1死から柳田が一塁への内野安打で出塁すると、菊池に代わって打席に立ったのは近藤健介(日本ハム)。この日唯一の打席でも平静を貫き、見事右前へと運んだ。この一打で走者が溜まり、逆転の機運が高まったのは言うまでもない。
 
 これに村上が高い集中力を見せて右翼への適時打で応えると、呼応するように9番・甲斐と三塁代走・源田壮亮(西武)がスクイズを成功させ同点に。あとは、黙っていられないセ・リーグの1、2番が連打で一気に試合を決めた。
 
 投げては、山本由伸(オリックス)が6回を失点に抑える好投。3番手の平良海馬(西武)もピンチで火消しに成功するなど頼もしかった。記録だけをみれば、勝利投手・栗林良吏(広島)、殊勲打・坂本となるが、この結果をもたらしたのは、パの選手らの粘り強さではなかっただろうか。
 
流れを作ったパの選手とその流れに応えたセの選手。劇的な勝利で初戦をものにした侍ジャパンはついに打線が一つになり、初戦としてはこれ以上ない結果となった。チームとしてはまだまだ日が浅い五輪メンバーは、試合を重ねるごとにパワーアップしていく。






  • 記者募集