データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【速報】野球日本代表侍ジャパン、メキシコ戦は初回に先制許す 先発・森下暢仁は苦しい立ち上がりに【東京五輪(東京オリンピック)】

2021/07/31

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<東京五輪 野球競技 オープニングラウンド 日本 ー メキシコ>(31日、横浜スタジアム)
 

 
 東京五輪(東京オリンピック)・野球競技4日目が31日、横浜スタジアムで行われ、野球日本代表「侍ジャパン」は第1試合でメキシコ代表と対戦。

 先攻の侍ジャパンは初回、先頭の山田哲人(ヤクルト)が四球で出塁し、続く坂本勇人(巨人)は空三振となるも、山田が二盗に成功。得点圏に走者を置いたが、3、4番が捉えた当たりを放つも阻まれ、無得点に終わった。
 
 その裏、先発マウンドには森下暢仁(広島)が上がった。森下は、先頭のイサーク・ロドリゲスに安打を打たれ、ワイルドピッチで無死二塁のピンチ。1つアウトを重ねたが、3番ジョーイ・メネセスの打球はセンター前へ。スタートを切っていた二塁走者が生還し、いきなり先制を許した。
 
【スコア結果速報】野球 日本代表侍ジャパン対メキシコ代表 スタメン・試合経過・結果・スコア情報






  • 記者募集