データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【結果速報】野球日本代表侍ジャパン、初陣ドミニカ戦に劇的サヨナラ勝ち! 9回一挙3得点、坂本勇人が殊勲打【東京五輪(東京オリンピック)】

2021/07/28

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<東京五輪 野球競技 オープニングラウンド ドミニカ 3ー4 日本>(28日、福島あづま球場)
 

 
 東京五輪(東京オリンピック)・野球競技1日目が28日、福島あづま球場で行われ、野球日本代表「侍ジャパン」はドミニカ代表と対戦。侍ジャパンは最終回に一挙3点を奪い、4-3で劇的なサヨナラ勝ちを収めた。

 侍ジャパンの先発は山本由伸(オリックス)、対するドミニカ代表の先発は、NPBの巨人に所属するC.C.メルセデスとなった。山本は、初回、3回と1死一、二塁のピンチを背負ったが、後続を打ち取り先制を許さず。中盤以降はさらに調子を上げ、4回から3イニング続けて三者凡退。特に6回には、1番エミリオ・ボニファシオから始まる好打順から三者連続三振を奪う圧巻の投球を披露した。一方の打線は、2回に得点圏へ走者を進めるも、無得点。メルセデスの前に攻撃の糸口を掴めない。
 
 試合が動いたのは7回、侍ジャパンはこの回から青柳晃洋(阪神)にスイッチした。その青柳は、2本の安打で1死一、二塁とされ、1つアウトを重ねたが、8番チャレリオ・バレリオ捕手に左中間を破る2点適時二塁打を献上。代わり端を打たれ、2点を先行された。
 
 しかし打線は直後の7回裏、先頭の5番・浅村栄斗(楽天)が安打で出塁すると、続く柳田悠岐(ソフトバンク)が左翼フェンス直撃の二塁打で無死二、三塁の絶好機を迎えた。ここでドミニカベンチはメルセデスを諦め、右腕ルイス・カスティーヨがマウンドへ。打席の菊池涼介(広島)は空三振に倒れたが、8番・村上宗隆(ヤクルト)の一ゴロの間に1点を返した。
 
 さらに8回、マウンドのホセ・ディアスから先頭の1番・山田哲人(ヤクルト)が四球で出塁。犠打で得点圏に走者を送り、3番・吉田正尚(オリックス)の左安で二塁走者・山田は本塁へ。しかし、左翼の好返球でタッチアウト。リプレイ検証を要求するも、判定は覆らなかった。
 
 侍ジャパンは、最終回の守り、5番手として栗林良吏(広島)をマウンドへ。栗林は二塁打と四球などで1死一、三塁にピンチを招くと、9番グスタボ・ヌニェスに右中間への適時二塁打を献上。続くピンチは抑えたが、痛い失点を喫した。
 
 後がない打線はその裏、ドミニカの守護神ハイロ・アセンシオに対し、1死から6番・柳田、代打・近藤健介(日本ハム)の連続安打で一、二塁とすると、8番・村上の適時打で1点差。続く9番・甲斐拓也(ソフトバンク)がスクイズを決め、同点に追いついた。なおも1番・山田が安打で繋ぎ満塁とし、最後は坂本勇人(巨人)のセンターオーバーの安打で勝負を決めた。
 
【スコア結果速報】野球 日本代表侍ジャパン対ドミニカ代表 スタメン・試合経過・結果・スコア情報






  • 記者募集