データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【速報】野球日本代表侍ジャパン、ドミニカ相手に序盤は両チーム得点なし 山本由伸はピンチ迎えるも無失点投球【東京五輪(東京オリンピック)】

2021/07/28

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<東京五輪 野球競技 オープニングラウンド 日本 ー ドミニカ>(28日、福島あづま球場)
 

 
 東京五輪(東京オリンピック)・野球競技1日目が28日、福島あづま球場で行われ、野球日本代表「侍ジャパン」はドミニカ代表と対戦。侍ジャパンの先発は山本由伸(オリックス)、対するドミニカ代表の先発は、NPBの巨人に所属するC.C.メルセデスとなった。

 山本は初回の立ち上がり、1死から安打と死球で一、二塁。しかし、5番ホアン・フランシスコを二併殺打に打ち取り、いきなりの先制機を凌いだ。打線は、2死から3番・吉田正尚(オリックス)が安打を放ったが、得点には繋げられなかった。
 
 初回はやや苦しんだ山本だったが2回、先頭打者から2者連続三振を奪うなど三者凡退。打線はその裏、2つの四球で2死一、二塁としたが、9番・甲斐拓也(ソフトバンク)は一ゴロに打ち取られ、チャンスを逸した。
 
 3回、山本は先頭打者に安打を許すと、1死から四球で初回と同じく一、二塁のピンチ。その後2死一、三塁と局面は変わり、打席には3番ホセ・バティスタを迎えたが、右飛でここも無失点とした。援護したい打線は、2死から3番・吉田が四球で出塁したが、この回もメルセデスをとらえることはできなかった。
 
【スコア結果速報】野球 日本代表侍ジャパン対ドミニカ代表 スタメン・試合経過・結果・スコア情報






  • 記者募集