データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【速報】明豊が4回に先制! 3連続適時打などで一挙5得点<10日目・第2試合 準決勝 明豊対中京大中京>【春の選抜高校野球2021】@甲子園

2021/03/31

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 第93回選抜高等学校野球大会は31日、阪神甲子園球場で第10日を迎え、第2試合では明豊(大分)と中京大中京(愛知)が対戦。4回に明豊が5点を先制した。
 

 
 中京大中京は、球数制限の影響が懸念されるエース・畔柳亨丞の先発を回避し、背番号「10」を着けた柴田青をマウンドへ。明豊の先発マウンドには、同じく背番号「10」の左腕・太田虎次郎が上がった。

 先攻の明豊は、初回に2死三塁のチャンスを迎えるも無得点。対する中京大中京も、1死一、三塁の場面を作ったが、明豊の左翼・阿南心雄の好守もあり、先制はならなかった。
 
 試合が動いたのは4回、先頭の3番・竹下聖人が安打で出塁し、2つの四死球などで1死満塁とすると、7番・塘原俊平の犠飛で先制。なおも一、二塁から8番・太田、9番・簑原英明、1番・阿南の3連続適時打で、この回一挙5点を奪った。
 
 試合は4回表を終了し、明豊が5-0でリードしている。

 
 
トーナメント勝ち上がり表






  • 記者募集