データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【速報】中京大中京、東海大菅生を破ってベスト4。エース畔柳亨丞が今大会2度目の完封勝利!<9日目・第4試合(準々決勝)結果>【春の選抜高校野球2021】@甲子園

2021/03/29

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<第9日 第4試合 準々決勝 ○中京大中京 6―0 東海大菅生●>(29日、阪神甲子園球場)
 

 
 第93回選抜高等学校野球大会は29日、阪神甲子園球場で第9日を迎え、第4試合では中京大中京(愛知)と東海大菅生(東京)が対戦。投打の噛み合った中京大中京が、準決勝進出を決めた。

 中京大中京は初回、今大会初先発となった東海大菅生のエース左腕・本田峻也の立ち上がりを攻める。1番の細江泰斗、2番の杉浦泰文が連続して四球を選ぶと、3番・桑垣秀野の犠打が相手の悪送球を誘って二者が生還。なおも2死一、三塁から、7番・櫛田理貴がレフトへの適時打を放ち、3点を先制した。
 
 さらに2回、1死から1番の細江が右翼への三塁打でチャンスメイクし、続く2番・杉浦の内野ゴロの間に1点を追加。5回には、1死二、三塁から6番・加藤優翔がセンターへ2点適時打を放ち、その差を6点に広げた。
 
 中京大中京の先発・畔柳亨丞は、5回まで無安打1四球とほぼ完璧な投球内容。牙城を崩したい東海大菅生は、6回無死から7番の橋本唯塔がチーム初安打を放ち、続く8番・岩田一真は四球を選び、スコアリングポジションに走者を置いたが、犠打失敗と併殺で、得点のチャンスを逸した。
 
 対する東海大菅生も、6回からマウンドに上がった2番手・松永大輝が好投。中京大中京に得点を当てず、味方の反撃を待った。しかし、中京大中京・畔柳が投じる速球の威力は終盤まで落ちることなく、東海大菅生打線に付け入る隙を与えない。
 
 9回のマウンドにも上がった畔柳は、3つの四球で2死満塁のピンチを背負ったが、得点は許さず。9回(138球)を投げ切り、今大会2度目の完封勝利を飾った。
 
 勝利した中京大中京は、31日に予定されている準決勝・第2試合で、近畿王者の智弁学園を下した明豊(大分)と対戦する。

 
 
トーナメント勝ち上がり表






  • 記者募集