データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【速報】明豊、智弁学園を下しベスト4進出! 3投手の継投で“強力打線”の追撃かわす<9日目・第3試合(準々決勝)結果>【春の選抜高校野球2021】@甲子園

2021/03/29

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<第9日 第3試合 準々決勝 ○明豊 6―4 智弁学園●>(29日、阪神甲子園球場)
 

 
 第93回選抜高等学校野球大会は29日、阪神甲子園球場で第9日を迎え、第3試合では明豊(大分)と智弁学園(奈良)が対戦。5点を先行した明豊が、3投手の継投で逃げ切り、ベスト4に進出した。

 試合は、初回からいきなり動きを見せる。智弁学園の先発は、エース左腕の西村王雅。先攻の明豊は、トップバッターの主将・幸修也が、フルカウントからの速球をとらえた。浜風にも乗った打球は、左翼スタンドへ。先頭打者本塁打で先制点を挙げた。
 
 さらに3回、明豊は先頭の9番・京本真が安打で出塁。前の打席で本塁打を放っている1番の幸が、手堅く犠打で送ると、2番・阿南心雄の適時打、3番・竹下聖人も適時二塁打で続き、リードを広げた。
 
 明豊の先発・京本は、2回、3回にピンチを背負ったが、得点を与えず。4回から、マウンドに上がった2番手・太田虎次朗も、最初のイニングを無失点に抑え、智弁学園打線に決定打を許さない。すると直後の5回、先頭の9番・太田の安打を皮切りに2死二、三塁のチャンスを迎えると、4番・黒木日向が右翼への2点適時打を放ち、5点差に引き離した。
 
 対する智弁学園は5回、2死二塁から5番・三垣飛馬のセンターへの適時打で1点を返すと、6回には、1死満塁から2番・垪和拓海の押し出し四球、3番・前川右京のゲッツー崩れの間に2点を奪った。しかし、続く4番・山下陽輔の左翼後方を襲った打球は、明豊の左翼手・阿南がフェンスに激突しながら好捕。超ファインプレーで流れを止めた。
 
 次の得点を奪ったのは、明豊だった。8回2死から連続安打で一、二塁とすると、8番・簑原英明に右翼への適時打が飛び出し、智弁学園の2番手・小畠一心から大きな1点を奪った。
 
 智弁学園もその裏、2死三塁から4番・山下の適時内野安打で追い上げたが、反撃はここまで。明豊と並ぶ11安打を放ったが、京本、太田、財原光優が3イニングずつを投じる継投策を前に、的を絞りきれなかった。
 
 勝利した明豊は、31日に予定されている準決勝・第2試合で、この後に行われる東海大菅生(東京)対中京大中京(愛知)の勝者と対戦する。

 
 
トーナメント勝ち上がり表






  • 記者募集