データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【速報】東海大相模、福岡大大濠を大差で降しベスト4進出 エース石田隼都が9回14K完封<9日目・第2試合(準々決勝)結果>【春の選抜高校野球2021】@甲子園

2021/03/29

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<第9日 第2試合 準々決勝 〇東海大相模 8―0 福岡大大濠●>(29日、阪神甲子園球場)
 
 第93回選抜高等学校野球大会は29日、阪神甲子園球場で第9日を迎え、第2試合では東海大相模(神奈川)と福岡大大濠(福岡)が対戦。東海大相模が上位打線の集中打で序盤に大量点を挙げ、準決勝進出を決めた。
 

 
 全国屈指の強豪校対決は、ワンサイドの様相を呈した。

 東海大相模は主将の大塚瑠晏が急性胃腸炎で欠場。福岡大大濠もエース毛利海大が先発を回避するなど、両校ともに気掛かりを抱えてのプレーボールとなった。
 
 初回、東海大相模は、福岡大大濠の先発・馬場拓海に対し、1死から綛田小瑛、小島大河の長打2本で1点を先制。さらに、5番・百瀬和真にも適時打が飛び出し、この回2点を挙げる。
 
 さらに2回、二塁打で出塁の深谷謙志郎を塁に置いて、1番・門馬功がレフトへの2ラン本塁打。この一発で先発の馬場をノックアウトし、状態が懸念されるエース毛利を引きずり出した。投手が代わっても、東海大相模は攻撃の手を緩めることなく、この回4得点。3回にも1点を加え、序盤から7-0と試合の形勢を有利に進めた。
 
 反撃したい福岡大大濠だったが、東海大相模の先発・石田隼都の前に、得点を奪うことができず。エースの毛利も尻上りに調子を上げたが、打線が3回以外毎回の14三振を喫するなど、大会屈指の左腕を打ち崩せなかった。
 
 東海大相模は、8回にも門馬の三塁打から、綛田の犠飛で3回以来の追加点を挙げ、ダメ押し。ベスト4進出を決めた。勝利した東海大相模は、31日に予定されている準決勝・第1試合で、193センチ右腕・達孝太擁する天理(奈良)と対戦する。
 
 

トーナメント勝ち上がり表






  • 記者募集