データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【速報】東海大菅生、京都国際に劇的サヨナラでベスト8進出! 代打・多井耶雲が値千金のサヨナラ打<8日目・第2試合(2回戦)結果>【春の選抜高校野球2021】@甲子園

2021/03/27

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<第8日 第2試合 2回戦 ●京都国際 4―5 東海大菅生○>(27日、阪神甲子園球場)

 第93回選抜高等学校野球大会は27日、阪神甲子園球場で第8日を迎え、第2試合では京都国際(京都)と東海大菅生(東京)が対戦。東海大菅生が、劇的なサヨナラ勝ちで準々決勝に駒を進めた。
 

 
 先制したのは、東海大菅生。2回、先頭の5番・小池祐吏内野手が安打で出塁し、6番の鈴木悠平外野手も中安打で続いて一、三塁のチャンスを作ると、内野ゴロの間に1点を先行。3回にも、先頭の1番・福原聖矢捕手の二塁打と犠打で1死三塁とし、同じく内野ゴロの間に追加点を奪った。

 しかし5回、京都国際が猛攻を仕掛ける。先頭の7番・金田大記内野手の安打を皮切りに1死満塁と反撃のチャンスを作ると、2死から3番・中川勇斗捕手の走者一掃適時二塁打で一気に逆転。続く4番・森下瑠大投手も適時打を放ち、この回一挙4得点を挙げた。
 
 京都国際の先発・森下は、4回以降ほぼ完璧な投球を披露。対する東海大菅生も、6回から先発・鈴木泰成の後を受けた2番手・松永大輝が走者を出すものの得点を与えず、ゼロ行進の展開が続いた。
 
 東海大菅生は、9回の守備からエース・本田峻也投手をマウンドへ。三塁に走者を背負ったが、無失点に抑えて裏の攻撃へ繋げた。打線は無死から2番・栄塁唯外野手、3番・千田光一郎外野手の連打で一、二塁とすると、1死二、三塁と同点のチャンス。内野ゴロの間に1点を返し、なおも2死満塁から、代打・多井耶雲が右翼線へ値千金のサヨナラ打を放ち、試合を決めた。
 
 勝利した東海大菅生の次戦は、28日に予定されている準々決勝・第4試合。この後の常総学院(茨城)対中京大中京(愛知)の勝者と対戦する。

 
 
トーナメント勝ち上がり表






  • 記者募集