データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【速報】福岡大大濠、21世紀枠の具志川商業を破りベスト8進出! 8番松尾光気が値千金の決勝弾<7日目・第2試合(2回戦)結果>【春の選抜高校野球2021】@甲子園

2021/03/26

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<第7日 第2試合 2回戦 ○福岡大大濠8―4 具志川商●>(26日、阪神甲子園球場)
 

 
 第93回選抜高等学校野球大会は26日、阪神甲子園球場で第7日を迎え、第2試合では福岡大大濠(福岡)と21世紀枠の具志川商(沖縄)が対戦。延長戦の末、福岡大大濠が1回戦に続いて九州勢対決を制し、準々決勝進出を決めた。

 具志川商・粟国陸斗投手、福岡大大濠・毛利海大投手の両先発で始まった試合は、目まぐるしい展開の大接戦となった。
 
 いきなり初回に先制点が生まれる。先攻の福岡大大濠は、2死から3番の山下恭吾内野手が安打で出塁。続く4番・川上陸斗捕手の打席間で二盗に成功すると、打席の川上は三遊間を破る適時打を放ち、福岡大大濠が1点を先行した。
 
 対する具志川商はその裏、2死から3番・新川俊介投手が初球をジャストミート。快音を残した打球は、そのまま左中間スタンドに飛び込み、新川のソロ本塁打で具志川商が同点に追いついた。
 
 福岡大大濠は直後の2回、1死から7番の毛利が左翼への三塁打でチャンスメイク。続く8番・松尾光気外野手は中堅への適時打を放ち、すぐさま逆転に成功した。
 
 具志川商は3回、1死から8番の伊波勢加外野手が二塁への内野安打で出塁すると、1番・大城勢武太外野手の左中間を破る適時二塁打で同点。さらに2番・島袋大地内野手の左安打で二塁走者が生還し、具志川商が一気に勝ち越した。
 
 リードを許した福岡大大濠も、主導権を渡さない。4回無死から7番の毛利が四球で出塁。犠打失敗で走者が入れ替わるも、9番・吉田颯内野手が中安打を放ち、スタートを切っていた一塁走者が生還し、試合を振り出しに戻した。
 
 後半戦に差し掛かった6回の攻防は、福岡大大濠が1死から8番・松尾の三塁打、代打・福沢雄太の犠飛で三度リード。しかし具志川商は、2死満塁から4番・狩俣伊吹内野手の押し出し四球で、またしても同点の展開に変わった。
 
 その後は、ともにチャンスを作るも無得点。同点のまま9回を終え、試合は延長戦に突入した。
 
 福岡大大濠は11回、先頭の8番・松尾が2ボールからの速球をとらえた。打球は左翼スタンドに飛び込む貴重な勝ち越しソロ本塁打。なおもチャンスを作り、3本の安打などで3点を追加し、4点のリードを奪った。
 
 後がない具志川商だったが、10回途中から福岡大大濠のマウンドに上がった2番手・馬場拓海投手から得点を返せず、試合終了。昨秋九州大会準々決勝の再戦は、またしても福岡大大濠に軍配が上がった。
 
 勝利した福岡大大濠は、28日に予定されている準々決勝第2試合で、東海大相模(神奈川)と対戦する。

 
 
トーナメント勝ち上がり表






  • 記者募集