データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【速報】東海大相模、鳥取城北に勝利しベスト8。両チーム投手自責点ゼロの大接戦<7日目・第1試合(2回戦)結果>【春の選抜高校野球2021】@甲子園

2021/03/26

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<第7日 第1試合 2回戦 ●鳥取城北 0―1 東海大相模〇>(26日、阪神甲子園球場)
 
 第93回選抜高等学校野球大会は26日、阪神甲子園球場で第7日を迎え、第1試合では鳥取城北(鳥取)と東海大相模(神奈川)が対戦。東海大相模が、息をのむ投手戦を制し、ベスト8を決めた。
 

 
 2回、東海大相模は先頭の柴田疾が遊撃手の後逸で出塁すると、二盗を決めノーヒットでチャンスを作る。そして、1死二塁から、甲子園初打席を迎えた6番・佐藤優真が、カウント1ストライクから高めのカーブを引っ張ると、打球は三塁線を破り、レフトへの適時打に。東海大相模が序盤に1点を先制した。
 
 この1点を東海大相模は守り抜いた。

 東海大相模先発の背番号『10』求航太郎は、鳥取城北打線を4回までわずか2安打に抑える好投。5回からはエース石田隼都にマウンドを託した。バトンを受け取った石田は、テンポの良い投球で、ピンチを背負っても動じないマウンドさばき。2投手で完封リレーを完成させた。
 
 対する鳥取城北先発の山内龍亜も抜群の安定感をみせ、8回を投げて自責点ゼロ。9回に登板したエースナンバー広田周佑も無失点で抑えるなど、ハイレベルな投手戦を演じたが、この日は1回戦で6得点を挙げた強力打線があと一本出ず。安打数では、東海大相模を上回ったものの、守備のミスからの決勝点に泣いた。
 
 1-0で勝利した東海大相模は、28日に予定されている準々決勝・第2試合へと駒を進める。対するは、この後の具志川商対福岡大大濠の九州地区対決勝者だ。
 
 

トーナメント勝ち上がり表






  • 記者募集