データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【速報】中京大中京、専大松戸を降し2回戦へ。途中出場の櫛田理貴が決勝ランニングホームラン!<6日目・第1試合(1回戦)結果>【春の選抜高校野球2021】@甲子園

2021/03/25

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<第6日 第1試合 1回戦 〇中京大中京 2―0 専大松戸●>(25日、阪神甲子園球場)
 
 第93回選抜高等学校野球大会は25日、阪神甲子園球場で第6日を迎え、第1試合では中京大中京(愛知)と専大松戸(千葉)が対戦。中京大中京が、ハイレベルな投手戦を制し、2回戦へと駒を進めた。
 

 
 中京大中京の最速151キロのエース畔柳亨丞と、動く球でテンポよくアウトを積み重ねる専大松戸・深沢鳳介との投げ合いとなったこの試合。互いに走者を背負う場面にも動じることなくスコアボードに0を並べる展開が続いた。

 0-0のまま試合終盤。均衡を破ったのは思わぬ伏兵だった。7回、中京大中京は、死球で出た走者をバントで二塁へと送り、得点圏に走者を進める。2死二塁で、打席に立ったのは、6回の守備から途中出場した背番号『15』の櫛田理貴外野手。カウント2ストライク1ボールからの5球目、深沢のストレートを弾き返すと、打球は左翼の前へ。専大松戸の左翼手・吉岡道泰が果敢にダイビングキャッチを試みるも届かず、打球はフェンス際まで転がった。その間に二塁走者の原尚輝内野手が還り、中京大中京がついに先制。さらに打った櫛田も快足を飛ばしてホームを陥れ、大会第3号となるランニングホームランとした。
 
 反撃したい専大松戸だったが、尻上がりに調子を上げる畔柳の前に得点を挙げることができず。畔柳は、序盤こそ苦しんだが、終わってみれば、被安打6、12奪三振、の完封。深沢は中京大中京の強力打線をわずか3安打に抑えたものの、7回の一打に泣いた。
 
 勝利した中京大中京は、2回戦で、常総学院(茨城)と対戦する。
 
 

トーナメント勝ち上がり表






  • 記者募集