データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【速報】常総学院、敦賀気比をタイブレークで破り2回戦へ 延長13回表に一挙4得点<5日目・第3試合(1回戦)結果>【春の選抜高校野球2021】@甲子園

2021/03/24

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<第5日 第3試合 1回戦 ○常総学院 9-5敦賀気比●>(24日、阪神甲子園球場)
 

 
 第93回選抜高等学校野球大会は24日、阪神甲子園球場で第5日を迎え、第3試合では常総学院(茨城)と敦賀気比(福井)が対戦。選抜甲子園大会初のタイブレーク制が適用された同試合は、常総学院が延長13回に一挙4点を奪い、2回戦に駒を進めた。

 先制攻撃を見せたのは、常総学院だった。2回1死から二塁打と2つの四球で満塁とすると、8番の太田和煌翔内野手は、前身守備を敷いていた一塁へのゴロ。本塁は封殺となったが、併殺を狙った捕手の送球が逸れ、もたつく間に二塁走者が生還して先制点を挙げた。なおも2死満塁から暴投、2番・伊藤啄磨内野手の2点適時打が飛び出し、四死球と相手のミスにもつけ込んでこの回一挙4点を奪った。
 
 3回以降は、試合が膠着状態に。常総学院は4回、敦賀気比は3、5、6回にスコアリングポジションまで走者を進めたが、得点に結びつかない展開が続いた。
 
 再三のチャンスを作っていた敦賀気比は、7回に追い上げを見せる。先頭の6番・上加世田頼希内野手が死球、続く代打の小西奏思が安打で繋ぐと、4回途中から先発の竹松明良投手をリリーフした8番・本田克投手の犠打が投手の悪送球を誘い、この間に二塁走者が生還。常総学院の秋本璃空投手から1点を奪うと、なおも無死二、三塁から代打・渡辺飛雄馬の二ゴロ、1番・東の犠飛で2点を追加し、1点差に迫った。
 
 常総学院は直後の8回、先頭の3番・三輪拓未内野手が敦賀気比の3番手・上加世田から死球で出塁。4番の青木良弘内野手が犠打で送り、5番・秋本はしぶとく中堅に運んで二塁走者をホームに迎え入れた。
 
 敦賀気比はその裏、この回からマウンドに上がった2番手・大川慈英投手の代わり端をとらえる。4番の大島正樹が相手の失策で出塁。1死後に安打と暴投で二、三塁とすると、7番・小西の犠飛、8番・本田の右安打で代走の池淵春介が本塁を陥れ、試合終盤で同点に追いついた。
 
 常総学院は9回、1死一、二塁の場面を作るも無得点。その裏の敦賀気比は、2つの四死球と申告敬遠で1死満塁とサヨナラのチャンスだったが、三振、投飛で得点は奪えず。延長戦へと突入した。
 
 延長戦でも、敦賀気比が幾度となくサヨナラのチャンスを作った。しかし、両チーム得点のないまま12回を終了。大会規定により、延長13回から選抜甲子園大会では初となるタイブレーク制度(前イニングからの継続打順で無死一、二塁から開始)が適用されることとなった。
 
 常総学院は13回、先頭の5番・秋本の右翼への適時打で1点を勝ち越し。1死満塁と局面は変わり、8番・太田和の適時打、途中出場の9番・田中隼人外野手の2点適時打で一挙4得点のビッグイニングとした。
 
 後がない敦賀気比だったが、その裏の攻撃は三者が連続で倒れ、試合終了。常総学院が歴史的な熱戦を制した。

 
 
トーナメント勝ち上がり表






  • 記者募集