データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【速報】東海大菅生、甲子園初出場の聖カタリナ学園を下し2回戦進出。鈴木悠平、千田光一郎に本塁打飛び出す<5日目・第1試合(1回戦)結果>【春の選抜高校野球2021】@甲子園

2021/03/24

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<第5日 第1試合 1回戦 ●聖カタリナ 3-4 東海大菅生○>(24日、阪神甲子園球場)
 

 
 第93回選抜高等学校野球大会は24日、阪神甲子園球場で第5日を迎え、第1試合では聖カタリナ(愛媛)と東海大菅生(東京)が対戦。1点差ゲームを制した東海大菅生が、選抜初勝利を飾った。

 昨秋東京都大会を制した東海大菅生が、序盤に本塁打攻勢を仕掛けた。
 
 東海大菅生の先発マウンドは、背番号11の右腕・鈴木泰成投手、聖カタリナはエース右腕の桜井頼之介投手が上がった。
 
 試合が動いたのは2回、東海大菅生の先頭は6番・鈴木悠平外野手。3ボール1ストライクから甘く入ったスライダーをとらえた。打球は左翼ポール際に飛び込む今大会第1号のソロ本塁打。東海大菅生が先制に成功した。
 
 さらに3回、東海大菅生は、1死から2番の栄塁唯外野手が中安打で出塁。続く3番・千田光一郎外野手は1ボール2ストライクと追い込まれたが、同じく内に入ってきたスライダーに快音を響かせた。大きな当たりは左翼席へ飛び込む2ラン本塁打。この回も一発が飛び出し、リードを3点とした。
 
 東海大菅生の鈴木泰は、5回まで相手打線を2安打に抑える好投。対する聖カタリナの桜井も、2本の被弾はあったが、崩れることなく粘りの投球を続けた。
 
 聖カタリナは6回、1死から1番の堀越璃雄内野手が右安打で出塁すると、2番の田代勝也外野手は四球で繋いだ。ここで東海大菅生は、鈴木泰から左腕の松永大輝投手へ早めの継投。一直と四球で2死満塁としたが、5番の上田将史内野手は空振り三振に倒れ、得点のチャンスを逸した。
 
 さらに聖カタリナは7回、2死から8番の井上翼外野手が四球でチャンスメイク。途中出場の9番・足達遥都捕手の右安打で一、三塁とすると、1番・堀越の打席間で捕逸。相手のミスも絡んで甲子園初得点を挙げ、その差を2点に縮めた。
 
 中盤以降は聖カタリナの桜井に抑えられていた東海大菅生打線は8回、1死から2番・栄の安打、相手の失策と四球で1死満塁のチャンス。打席の5番・小池祐吏内野手は中堅へ犠飛を放ち、貴重な追加点を奪った。
 
 東海大菅生の9回のマウンドには、中堅を守っていた千田。後がない聖カタリナは、2本の安打と四球で1死満塁のチャンスを迎えた。1番・堀越の打席間に暴投で1点を返すと、打席の堀越は死球で再び1死満塁。2番・田代は中堅への犠飛で1点差とした。続く3番・高岡唯外野手は四球を選び、2死満塁で、打席は4番の川口翔太内野手。一打逆転の局面を迎えたが、フルカウントから三ゴロに打ち取られ、反撃は及ばなかった。

 
 
トーナメント勝ち上がり表






  • 記者募集