データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【速報】智弁学園、大阪桐蔭に雪辱許さず2回戦進出。エース西村王雅が8回141球の熱投<4日目・第2試合(1回戦)結果>【春の選抜高校野球2021】@甲子園

2021/03/23

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<第4日 第2試合 1回戦 ●大阪桐蔭 6-8 智弁学園○>(23日、阪神甲子園球場)
 

 
 第93回選抜高等学校野球大会は23日、阪神甲子園球場で4日目を迎え、第2試合では大阪桐蔭(大阪)と智弁学園(奈良)が対戦。大阪桐蔭の好投手たちから効果的に得点を奪った智弁学園が、2回戦進出を決めた。

 昨秋近畿大会決勝で相まみえた両チーム。1回戦屈指の好カードとは、近畿王者が再び試合を制した。
 
 智弁学園は西村王雅投手、大阪桐蔭は松浦慶斗投手とプロ注目の両エース左腕が先発マウンド。初回から試合は大きく動いた。西村は危なげない投球で三者凡退。打線はその裏、1番の岡島光星内野手が左翼への安打で出塁すると、連続四死球で無死満塁のチャンスを迎えた。4番・山下陽輔内野手は右翼への犠飛で1点を先制、四球を挟んで6番・植垣洸捕手が左翼線へ走者一掃の3点適時二塁打を放ち、いきなり4点を先行した。
 
 2回以降は大阪桐蔭の松浦も立ち直りを見せ、投手戦の様相。大阪桐蔭は5回、2死から7番の藤原夏暉内野手が粘って四球を勝ち取ると、8番の田近介人捕手がチーム初安打となる三塁強襲安打を放ち、得点圏に走者を置いた。ここで大阪桐蔭の西谷浩一監督が動き、9番・松浦のところに代打・山下来球を起用。しかし山下は右飛に打ち取られ、得点を返すことはできなかった。
 
 5回裏の大阪桐蔭のマウンドには、右腕の関戸康介投手。2死三塁のピンチを背負ったが、無失点で切り抜けた。
 
 序盤は緊迫した試合展開だったが、終盤は一転して点の取り合いとなった。反撃したい大阪桐蔭は6回、2死から3番・宮下、4番・池田陵真外野手の連打と四球で満塁のチャンスを迎えた。打席の6番・花田旭外野手の遊撃への打球が悪送球を誘い、二者が生還。2点差に詰め寄った。
 
 しかし、智弁学園は主導権を渡さない。直後の6回裏に無死から四球と安打で一、二塁。7番・森田空外野手はバントの構えからヒッティングに切り替え、打球は二遊間を破り中堅へ。守備のミスもあって二者が生還した。さらに、1死三塁からワイルドピッチで1点を追加。リードを5点に広げた。
 
 大阪桐蔭は7回、2死から1番・野間翔一郎外野手が一塁線を破る二塁打で出塁。続く2番・繁永晟内野手の右翼への適時打で1点を返した。
 
 智弁学園はその裏、この回から4番手としてマウンドに上がった左腕・川井泰志投手の代わり端を攻める。2つの四球と安打で無死満塁の絶好機を迎え、1死後に7番・森田の併殺崩れの間に追加点を奪った。
 
 対する大阪桐蔭は8回、先頭の4番・池田が安打で出塁。1死後に6番・花田の安打で一、二塁とすると、7番・藤原が右中間を破る2点適時三塁打、四球を挟んで9番・川井の代打で登場した小谷大誠の右翼への適時打で2点差に迫った。
 
 迎えた最終9回、智弁学園は、大阪桐蔭の5番手・別所孝亮投手の前にチャンスを作るも得点を奪えず。その裏の大阪桐蔭は、智弁学園の2番手右腕・小畠一心投手から2死三塁としたが、反撃は及ばなかった。
 
 智弁学園は6安打で8得点、大阪桐蔭は2桁10安打を放ったが、雪辱はならなかった。

 
 
トーナメント勝ち上がり表






  • 記者募集