データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【速報】市立和歌山、県岐阜商を劇的サヨナラで撃破。プロ注目・小園健太は9回130球完封<4日目・第1試合(1回戦)結果>【春の選抜高校野球2021】@甲子園

2021/03/23

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<第4日 第1試合 1回戦 〇市和歌山 1―0 県岐阜商●>(23日、阪神甲子園球場)
 
 第93回選抜高等学校野球大会は23日、阪神甲子園球場で第4日を迎え、第1試合では市和歌山(和歌山)と県岐阜商(岐阜)が対戦。緊迫した投手戦を制し、市和歌山が劇的なサヨナラ勝ちを収めた。
 

 
 大会ナンバーワン投手の呼び声高い小園健太を擁する市和歌山と、名将・鍛治舎巧監督率いる県岐阜商との一戦。互いにスコアボードに「0」を並べる、圧巻の投手戦となった。

 初回、小園は、先頭打者にいきなりフォアボールを与える立ち上がりとなったが、140キロ中盤の速球を次々と投げ込み、得点を与えない。対する県岐阜商の先発・野崎慎裕も、3番の松川虎生捕手に安打を許すも、初回をゼロに斬ってとった。
 
 その後も小園は6回以外毎回走者を背負う苦しい投球が続いたが、得点圏に進まれても動じることなく、力のある速球と外に逃げるスライダーを軸に要所を締める投球で流れを渡さない。一方の野崎は、6回まで散発3安打に仕留める好投で二塁を踏ませず。市和歌山打線に付け入る隙を与えなかった。
 
 県岐阜商は7回から継投策。野崎からバトンを受け取った2番手・松野匠馬は、7回を三者凡退に打ち取ると、8回には満塁のピンチを招いたが、この日2安打の松川を右飛に仕留め、この回もゼロで切り抜けた。
 
 均衡が破れたのは最終回。市和歌山は、小園が9回表2死二塁のピンチを凌いでサヨナラを待つ展開に。その裏、打線が県岐阜商・松野を攻め立てる。1死から、5番の平林直外野手が安打で出塁。すぐさま二盗を決め、8回に続いてスコアリングポジションへと進んだ。
 
 吉見和航外野手が四球を選び一、二塁とすると、7番・亀井新生内野手が高めの速球を弾き返し打球はセンター前へ。二塁走者・平林は、三塁を蹴ってホームを狙い、ぎりぎりのタイミングでホームを陥れた。
 
 劇的な幕切れで勝利した市和歌山。2回戦は、明豊(大分)と対戦する。
 
 
トーナメント勝ち上がり表






  • 記者募集