データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【速報】明豊、21世紀枠の東播磨にサヨナラ勝利で2回戦進出。熱戦はワイルドピッチで決着<3日目・第3試合(1回戦)結果>【春の選抜高校野球2021】@甲子園

2021/03/22

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<第3日 第3試合 1回戦 ●東播磨9―10 明豊○>(22日、阪神甲子園球場)
 

 
 第93回選抜高等学校野球大会は22日、阪神甲子園球場で第3日を迎え、第3試合では21世紀枠の東播磨(兵庫)と明豊(大分)が対戦。延長までもつれた試合は、11回裏にサヨナラで試合が決した。

 両チーム合計20安打の乱打戦は、明豊に軍配が上がった。
 
 試合は、初回から点の取り合いとなった。甲子園初出場の東播磨は、明豊の先発右腕・京本真投手に対して1死から2番の島津知貴外野手が左翼に初安打を放つと、連続四球で満塁。この絶好機に5番・鈴木悠仁投手が右翼の頭上を襲う2点適時二塁打で甲子園初得点を含む2点を奪い、なおも二、三塁で6番・熊谷海斗内野手の左翼への適時打でこの回3点を先制した。
 

 一方の明豊もその裏、東播磨の先発右腕・鈴木の立ち上がりを攻める。1番の阿南心雄外野手は四球を選び、犠打、三塁強襲安打で1死一、三塁とすると、4番・米田友内野手は左翼の頭を越える2点適時二塁打。2死から6番・竹下聖人内野手も右翼への適時打を放ち、すぐさま同点に追いついた。
 

 東播磨は3回、2番の島津が死球で出塁。頭部に当たったことから、前打者の原正宗内野手が臨時代走に送られた。その原は、3番・高山隼内野手の打席間でディレード気味のスタートを切って盗塁に成功。犠打で1死三塁とすると、4番・砂川が一、二塁間を破る適時打を放って勝ち越し、明豊のエース京本を降板に追い込んだ。
 

 明豊はその裏、2番の幸修也内野手、3番の黒木日向内野手が連続安打でチャンスメイク。4番の米田は犠打で送り、5番・山本晃也の適時打で同点に追いついた。なおも1死一、三塁から6番・竹下の打球は中堅前方へ落ち、一塁走者は二塁封殺となったが、三塁走者が生還し、逆転に成功した。
 

 4回表は、3回途中から明豊マウンドに上がった左腕の太田虎次朗投手が三者凡退に抑えると、その裏には東播磨も先発の鈴木から、左腕の若杉錬投手にスイッチ。2死から連続四球で得点圏に走者を背負ったが、無失点で切り抜けた。
 

 東播磨は、守備でも魅せる。5回裏1死一塁の場面で、明豊の7番・塘原俊平は二遊間へ安打性の打球を放った。これを東播磨の二塁手・原が横っ飛びで好捕すると、すぐさま二塁ベースを踏んで一塁へ送球。見事な併殺で攻撃の芽を摘んだ。
 

 すると直後の6回表、先頭の3番・高山が四球で出塁。4番・砂川の一塁線の打球は、明豊の一塁手・竹下が横っ飛びで止めて一塁をアウトに。1死二塁と場面は変わり、5番の鈴木は空振り三振に倒れたが、明豊の太田が制球を乱し、6番からの3連続四球で同点とした。
 

 明豊はその裏、先頭の8番・簑原英明捕手が四球を選ぶと、9番・太田のところに代打・筒井翔太を起用。筒井は1球で犠打を決め、走者を得点圏に送った。東播磨の若杉も制球が定まらず、1番の阿南、2番の幸に連続四球。3番・黒木は右翼へ走者一掃の3点適時三塁打を放った。ここで東播磨は、左翼に入っていた鈴木が再びマウンドへ。4番の米田は左翼へ犠飛を放ち、リードを4点に広げた。
 

 7回の明豊のマウンドには、サイドスロー右腕の財原光優投手。東播磨は代わり端をとらえる。先頭の1番・原が右翼への三塁打を放ち、2番・島津は死球、3番・高山も四球で無死満塁の絶好機を迎えた。4番の砂川は右翼への犠飛を放ち、5番・鈴木が死球、6番・熊谷が死球で押し出し。7番・田中慎二捕手の二ゴロの間にもう1点を返し、この回3得点で1点差に詰め寄った。
 

 リードを広げたい明豊は8回、先頭の2番・幸の中堅後方の打球は、東播磨の中堅手・島津が背走して好捕。2死から4番・米田が右翼フェンス直撃の二塁打を放ったが、後続は続けず、1点差のまま試合は9回の攻防に突入した。
 

 後がない東播磨は9回、先頭の3番・高山が左中間への二塁打で出塁すると、4番・砂川のところに代打・上野耕平を起用。上野は犠打成功で1死三塁の局面を作った。続く5番・鈴木の打席でエンドランを仕掛け、三ゴロの間に三塁走者が生還。土壇場で同点に追いついた。
 

 明豊はその裏の攻撃を三者凡退。試合は、今大会3試合目の延長に突入した。
 

 明豊は11回、先頭の3番・黒木が四球を選ぶと、4番・米田がエンドランを成功させ、無死一、三塁とサヨナラのチャンスを迎えた。5番・山本は投手強襲安打で満塁となり、打席には代打・田中文都が送られた。その初球、東播磨の鈴木が投じた137球目は無情にもワイルドピッチとなり、三塁走者が生還。明豊のサヨナラ勝利となった。
 

 明豊は11安打10得点、東播磨も豊富な攻撃パターンを見せ、9安打9得点。強豪相手に互角の戦いを演じた。

 
 
トーナメント勝ち上がり表






  • 記者募集