データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【速報】福岡大大濠、大崎を下し2回戦進出。昨秋九州大会決勝のリベンジ果たす<3日目・第2試合(1回戦)結果>【春の選抜高校野球2021】@甲子園

2021/03/22

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<第3日 第2試合 1回戦 〇福岡大大濠 2―1 大崎●>(22日、阪神甲子園球場)
 

 
 第93回選抜高等学校野球大会は22日、阪神甲子園球場で第3日を迎え、第2試合では福岡大大濠(福岡)と大崎(長崎)が対戦。福岡大大濠が接戦を制し、2回戦進出を決めた。

 昨秋の九州大会決勝の再戦は、福岡大大濠がリベンジを果たした。
 
 甲子園初出場の大崎の先発マウンドは、エース右腕の坂本安司投手。その立ち上がりに1死から2番・友納周哉内野手、3番・山下恭吾内野手に連続安打を許し、一、三塁のピンチを迎えた。続く4番・川上陸斗捕手の打球は、中間守備を敷いた遊撃へ。遊撃手・村田慶二内野手の好判断で6-4-3の併殺を完成させ、無失点で切り抜けた。
 
 対する福岡大大濠のマウンドにはエース左腕の毛利海大投手。こちらは三者凡退の危なげない投球を披露した。
 
 試合が動いたのは2回、福岡大大濠は先頭の5番・北島瑞己外野手が相手の失策で出塁し、犠打、四球で1死一、二塁とすると、8番の松尾光気外野手の打席間にワイルドピッチで二、三塁。松尾の中安打で2者が生還し、2点を先制した。なおも2死二塁のチャンスを作り、1番・古川秀弥内野手の打球は中堅後方へ。この打球を大崎の中堅手・池田晃弥外野手が背走しながら好捕。ファインプレーで追加点は防いだ。
 
 反撃したい大崎はその裏、4番の調祐李捕手がチーム初安打を放つと、1死後に6番・松本慶一郎外野手の打席間で二盗に成功。坂本は四球を選び1死一、二塁の状況を作ったが、後続が倒れて得点は奪えなかった。
 
 以降は両エースの好投と堅い守備で得点を許さず。福岡大大濠2点リードのまま前半戦を終えた。
 
 大崎は7回、1死から4番の調が中安打で出塁。5番の田栗慶太郎内野手も左安打で続き、一、二塁のチャンスを迎えた。6番の松本は左飛に倒れたが、続く7番・坂本がしぶとく中堅へ運び、二塁走者が生還。大崎が甲子園初得点を挙げ、その差を1点に縮めた。
 
 8回は両チーム三者凡退で、試合は最終9回へ。福岡大大濠は3回以来の安打を放って2死満塁としたが、得点ならず。ピンチを凌いだ大崎は後がない9回裏、2番からの好打順だったが、福岡大大濠の二塁手・古川の好守もあって三者凡退。2-1で福岡大大濠が1点差ゲームをものにした。
 
 福岡大大濠の毛利は、9回143球10奪三振の熱投で、1失点完投勝利。大崎の坂本も9回を2失点で投げ切ったが、あと一歩及ばなかった。

 
 
トーナメント勝ち上がり表






  • 記者募集