データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【速報】具志川商業、八戸西を破り2回戦へ。両校春夏通じて初出場の21世紀枠対決<3日目・第1試合(1回戦)結果>【春の選抜高校野球2021】@甲子園

2021/03/22

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<第3日 第1試合 1回戦 〇具志川商 8―3 八戸西●>(22日、阪神甲子園球場)
 
 第93回選抜高等学校野球大会は22日、阪神甲子園球場で第3日を迎え、第1試合では八戸西(青森)と具志川商(沖縄)が対戦。具志川商が序盤のリードで優位に試合を進め、8-3で八戸西を降した。

 ともに選抜の特色である「21世紀枠」で選出された高校の対決となった同試合。春夏通じて初出場となった両者がフレッシュな戦いを演じた。
 
 2回、先制したのは具志川商だった。1死から、比嘉力太捕手のチーム初安打で出塁すると、続く知名椋平内野手はエンドランで一、三塁とチャンスを広げる。一塁走者・知名の盗塁で二、三塁とすると、8番・上原守凜外野手は、高めに浮いた速球を中前に運び、具志川商が2点を先制した。さらにこの回、相手のミスも絡んでさらに2点を加え、序盤から4点のリードを奪った。
 
 具志川商はその後も、4回に当たっている知名、上原のチャンスメークから、セーフティスクイズで追加点。6回にも、大城勢武太外野手の犠飛で1点を加え、試合主導権を離さなかった。
 
 なんとか一矢報いたい八戸西は7回、2死から四球、内野安打、死球で満塁の好機を作ると、2番・桐山大空内野手のライトへのタイムリーで2点を返した。しかしその裏、具志川商が足を絡めた攻撃で2点を追加しすぐさま突き放し、8-2と再び6点差に。試合は最終盤へと突入する。
 
 9回、後がない八戸西は、具志川商の2番手・粟国陸斗から連打で1点を返し5点差に迫る。しかし後が続かず反撃はここまで。具志川商が、春夏通じて甲子園初勝利を挙げ、2回戦へと駒を進めた。
 
 
トーナメント勝ち上がり表






  • 記者募集