データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【速報】鳥取城北、21世紀枠の三島南を下し2回戦進出。エース廣田周佑が粘りの投球で2失点完投<2日目・第2試合(1回戦)結果>【春の選抜高校野球2021】@甲子園

2021/03/20

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<第2日 第2試合 1回戦 ○鳥取城北 6-2 三島南●>(20日、阪神甲子園球場)
 

 
 第93回選抜高等学校野球大会は20日、阪神甲子園球場で2日目を迎え、第2試合では鳥取城北(鳥取)と21世紀枠の三島南(静岡)が対戦。6-2で鳥取城北が勝利し、2回戦進出を決めた。
 
 8回の3得点が、試合を決定付けた。

 春夏通じて初の甲子園出場を果たした三島南のマウンドは、エース右腕の植松麟之介投手。初回は1死から2番・中木村連次郎内野手に左安打、3番・畑中未来翔内野手に四球を与え、いきなりピンチを背負ったが、後続を抑えて無失点スタートとした。
 
 三島南は直後の1回裏、鳥取城北のエース右腕・廣田周佑投手から2番の深瀬暖人が左翼へ甲子園でのチーム初安打をマーク。しかし後続は続けず、先制点とはならなかった。
 
 試合が動いたのは2回、三島南は先頭の5番・山田駿外野手が安打で出塁。6番・植松の打席間にワイルドピッチで二進し、犠打で走者を三塁へ。7番・富岡創内野手が左翼への犠飛を放ち、三島南が甲子園初得点となる貴重な先制点を挙げた。
 
 反撃に転じたい鳥取城北は、三島南・植松の緩急を使った投球の前に得点を奪えずにいたが、5回に1死から9番の広田が内野安打で出塁すると、続く1番・松田龍太内野手、2番・中木村の連続安打に相手のミスも絡んで一気に逆転。なおも1死三塁から、3番・畑中も中堅へしぶとく適時打を放ち、3点目を挙げた。
 
 逆転を許した三島南は6回、2死から3番の前田銀治外野手が右翼フェンス直撃の三塁打を放つと、続く4番・小堂湧貴内野手が適時打を放ち1点差に。なおも相手のミスで1死二、三塁の場面を迎えたが、後続は鳥取城北・広田に打ち取られ、同点、逆転のチャンスは逃した。
 
 次の得点を奪ったのは、鳥取城北だった。三島南は9回に好投の植松から中堅を守っていた前田にスイッチ。鳥取城北は代わり端をとらえる。先頭の8番・坂根叶琉外野手が四球を選ぶと、犠打で二塁へ。続く1番・松田、2番・中木村に連続適時三塁打、3番の畑中にも犠飛が飛び出し、大きな3得点を挙げた。
 
 後がない三島南はその裏、1死一、二塁のチャンスを作るも無得点に終わった。鳥取城北の先発・広田は、122球で2失点完投勝利。敗れた三島南も8安打を放つなど打力を発揮したが、及ばなかった。

 
 
トーナメント勝ち上がり表






  • 記者募集