データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【速報】健大高崎、下関国際を下し2回戦進出。公式戦初先発のエース髙松将斗が2失点完投<1日目・第3試合(1回戦)結果>【春の選抜高校野球2021】@甲子園

2021/03/19

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<第1日 第3試合 1回戦 ●下関国際 2-6 健大高崎○>(19日、阪神甲子園球場)
 

 
 第93回選抜高等学校野球大会は19日、阪神甲子園球場で初日を迎え、第3試合では下関国際(山口)と健大高崎(群馬)が対戦。8回にビッグイニングを作った健大高崎が試合を制した。

 
 強打を誇る昨秋の関東王者が、終盤に本領を発揮した。
 
 健大高崎のマウンドは、エース右腕の髙松将斗投手。公式戦初先発が甲子園の大舞台となった。初回は1番の片桐優介外野手に四球を選ばれたが、2、3番を打ち取り、2死。4番・守優雅捕手の打席で二盗を許したが、打席の守を空振り三振に切って取った。
 
 対する下関国際の先発マウンドは、新2年生で背番号18を着けた右腕・松尾勇汰投手。1番の堀江晃生外野手には四球を与えたが、2番・吉里竜門内野手を三ゴロ、3番・櫻井歩夢内野手を二ゴロとして、2死三塁。この場面でプロ注目の4番・小澤周平内野手を迎えたが右飛に打ち取り、立ち上がりを無失点で切り抜けた。
 
 試合が動いたのは2回、下関国際の攻撃を三者凡退とした健大高崎はその裏、1死から6番の森川倫太郎外野手が両チーム通じて初めての安打を放つと、続く7番・伊藤翔哉内野手の当たりは中堅の頭上を越え、スタートを切っていた一塁走者が生還。さらに、2死二塁から9番・高松が左翼線へ適時二塁打を放ち、2点を先制した。
 
 下関国際は直後の3回、1死から9番の森凜琥内野手がチーム初安打。1番・片桐の二ゴロの間に二塁へ進んだが、2番・仲井慎内野手は左飛に倒れて得点ならず。その裏の守備では、2死二塁の場面で松尾から同じく新2年生のエース左腕・古賀康誠投手にスイッチ。6番・森川を見逃し三振で抑え、ピンチを防いだ。
 
 健大高崎は4回、先頭の7番・伊藤が中安打で出塁すると、続く8番・綱川真之佑捕手は死球、9 番・高松は犠打失敗で1死となったが、1番・堀江の打席で、二塁へ牽制悪送球。1死一、三塁のチャンスを迎えた。しかし打席の堀江は一ゴロ、三塁走者も三本間に挟まれてタッチアウトとなり、併殺で無得点に終わった。
 
 5回以降は両投手の好投が続き、試合は膠着状態に。健大高崎の高松は、8回まで下関国際打線をわずか1安打。一方の下関国際の古賀も、5、6、7回と健大高崎の攻撃を3人で終えるなど、尻上がりに調子を上げていった。
 
 次の1点を奪ったのは、健大高崎だった。8回1死から3番・桜井の強烈な当たりが三塁手の失策を誘って出塁。続く4番・小沢の打席で二盗に成功すると、打席の小沢は右翼フェンスに直撃する適時二塁打を放った。その後も2死一、三塁と追加点のチャンスは続き、7番・伊藤の強い打球が遊撃手の失策を誘い、4点目。続く8番の綱川は左翼の頭を越える2点適時二塁打を放ち、リードを6点に広げた。
 
 下関国際は後がない9回、代打の染川歓多が内野安打で出塁すると、1番・片桐が中堅の頭上を襲う適時二塁打を放ち、まずは1点を返した。その後も1死三塁から3番・賀谷勇斗内野手の遊ゴロの間に1点を追加するも、反撃はここまで。6-2で健大高崎が勝利を飾った。

 
 
トーナメント勝ち上がり表






  • 記者募集