データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【速報】仙台育英、明徳義塾を下し2回戦進出。エース伊藤樹が圧巻無安打投球<1日目・第2試合(1回戦)結果>【春の選抜高校野球2021】@甲子園

2021/03/19

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<第1日 第2試合 1回戦 ●明徳義塾 0―1 仙台育英〇>(19日、阪神甲子園球場)
 
 第93回選抜高等学校野球大会は19日、阪神甲子園球場で初日を迎え、第2試合では明徳義塾(高知)と仙台育英(宮城)が対戦。仙台育英が2投手の継投で明徳義塾打線をわずか1安打に抑え、初戦を飾った。
 

 
 仙台育英・古川翼、明徳義塾・代木大和の両左腕の投げ合いで幕を開けた第2試合。第1試合に続いて引き締まった投手戦となった。

 仙台育英は、エースのプロ注目右腕・伊藤樹をベンチスタートとし、マウンドに上がったのは下級生の古川。左から繰り出す速球を軸に、明徳義塾打線を三者凡退に抑える立ち上がりをみせた。一方の明徳義塾・代木もスライダーを巧みに操り、初回は3人で終わらせた。
 
 2回、先制したのは仙台育英。1死から、秋山俊外野手が放ったのは、ショート深いところ。遊撃手・米崎の送球が逸れ、秋山は二塁まで進んだ。そして続く遠藤太胡外野手は、2球目のカットボールを振り抜くと、左前への適時打となった。
 
 明徳義塾は4回、四球と安打で1死一、三塁のチャンス。しかし仙台育英の古川に対し、5番の加藤愛己捕手は、コースを広く使われ空振り三振。なおもチャンスは続いたが、仙台育英の継投策でエース伊藤が登場。エース対決となった6番代木は、伊藤の145キロ速球を捉えられず、三振に倒れた。
 
 このまま両投手の好投で試合は膠着状態に。
 
 6回裏に仙台育英は1死満塁の大チャンスを作るも、島貫丞内野手が内野ゴロ併殺に倒れ、追加点ならず。明徳義塾は伊藤の前に8回まで安打を打つことができなかった。
 
 迎えた9回、明徳義塾は3番の森松幸亮外野手から始まる好打順。しかし、内野フライで簡単に1アウトとされる。続く4番の高松紳志外野手は四球を選び、同点の走者に。ここで、この日強肩を披露していた捕手の加藤が打席に。左中間への大きな当たりを放ったが、中飛に倒れた。2死一塁と変わり、最後は8回を一人で投げ抜いた代木が打席に。しかし、伊藤の140キロを優に超える速球に、快音は響かなかった。
 
 結果、2回に奪った1点を守り抜いた仙台育英が、1-0で勝利。名門対決で明徳義塾を下し、2回戦へと駒を進めている。
 
 
トーナメント勝ち上がり表






  • 記者募集