データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【甲子園交流試合】鶴岡東が日本航空石川を破る 5番・吉田陸人が3安打2打点の活躍

2020/08/16

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,



<第3試合 ○鶴岡東 5-3 日本航空石川●>(16日、阪神甲子園球場)
 

 
 阪神甲子園球場で開催されている甲子園交流試合は16日に5日目を迎え、第3試合で鶴岡東(山形)と日本航空石川(石川)が対戦。5-3で鶴岡東が勝利を収めた。
 
 先攻の鶴岡東は初回、先頭の1番・山路将太郎内野手(3年)が中堅への安打でチャンスメイクを見せると、1死後、3番・馬場和輝内野手(3年)が左中間を破る適時二塁打を放ち、日本航空石川の先発右腕・嘉手苅浩太投手(3年)から先制点を奪った。
 
 対する日本航空石川はその裏、鶴岡東の先発左腕・阿部駿介投手(3年)をとらえる。2死から3番・中村京史外野手(3年)が左翼への安打で出塁すると、ボークで二塁進塁。打席の4番・小川純明外野手(3年)が左翼線に適時二塁打を放ち同点、続く5番・毛利水樹内野手(3年)が一、二塁間を破る適時打を放ち、逆転に成功した。
 
 日本航空石川は続く2回にも無死一、二塁のチャンスを迎えると、9番・城田凌介内野手(3年)の犠打が悪送球を誘い、1点を追加した。
 
 鶴岡東は直後の3回表、先頭の9番・北原晴翔捕手(3年)が四球を選ぶと、続く1番・山路の犠打が失策を誘い、無死一、三塁の絶好機を迎えた。しかし次打者の三ゴロで三塁走者が本塁憤死。三振、四球で2死満塁となると、5番・吉田陸人外野手(3年)が二塁の頭上を越える2点適時二塁打を放ち、同点に追いついた。
 
 5回表の鶴岡東は、2死から3番・馬場が安打、4番・鈴木喬外野手(3年)が失策によって出塁し、一、三塁の場面を迎えると、ワイルドピッチで三塁走者が生還し逆転。4-3と鶴岡東が1点リードで前半を折り返した。
 
 まずは同点に追いつきたい日本航空石川は6回、1死から6番・中谷仁人捕手(3年)が右翼への二塁打を放った。次打者の投ゴロで走塁死となるも、一塁に残った走者が、ワイルドピッチで二塁進塁。6回からマウンドに上がった8番・田中颯希投手(3年)が放った打球は三遊間を破ったが、鶴岡東の左翼手・吉田の好返球で本塁憤死となり、得点には至らなかった。
 
 次の1点を奪ったのは鶴岡東。1死から5番・吉田が猛打賞となる一塁強襲の二塁打でチャンスメイクすると、続く6番・小林三邦内野手(3年)が右中間への適時二塁打を放ち、貴重な追加点を奪った。
 
 日本航空石川は後がない9回、2死から9番・城田、1番・井口が連続四球、途中出場の2番・石井幸希外野手(2年)が失策で出塁し、満塁のチャンスを作るも、最後は鶴岡東の二塁手・山路のファインプレーで試合終了。5-3で鶴岡東が競り勝った。



  • 記者募集