データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【甲子園交流試合】明石商、桐生第一との接戦制す プロ注目右腕・中森俊介が2失点9奪三振完投勝利

2020/08/16

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,



<第1試合 ●桐生第一 2-3 明石商○>(16日、阪神甲子園球場)
 

 
 阪神甲子園球場で開催されている甲子園交流試合は16日に5日目を迎え、第1試合で桐生第一(群馬)と明石商(兵庫)が対戦。3-2で明石商が勝利を収めた。
 
 試合は桐生第一の先発左腕・宮下宝投手(3年)と明石商のプロ注目右腕・中森俊介投手(3年)の白熱する投げ合いとなった。
 
 先攻の桐生第一は初回、1死から2番・曽我一瑳外野手(3年)が二塁内野安打で出塁すると、死球で一、二塁のチャンスを作った。しかし後続が打ち取られ、先制とはならなかった。
 
 対する明石商は2回、1死から5番・井上隼斗内野手(3年)が中安打で出塁。犠打と四球で2死一、二塁とするも、こちらも後続が打ち取られ、先制点を逃した。
 
 明石商は5回にも2死二塁のチャンスを迎えるも、得点は奪えず。前半戦は0-0のスコアレスで折り返した。
 
 6回裏の明石商は、1死から2番・宮城光伸内野手(3年)、3番・河野佑哉外野手(3年)の連続安打で一、三塁のチャンス。4番・福本綺羅内野手(2年)のスクイズは桐生第一の守備に阻まれ、2死二、三塁となるも、5番・井上隼斗内野手(3年)が遊撃の頭を越える2点適時打を放ち、ついに均衡を破った。
 
 2回以降走者を出せていない桐生第一は直後の7回、3番・広瀬智也内野手(3年)が死球で出塁。1死後、併殺崩れと悪送球で2死二塁のチャンスを迎えると、6番・星野綜汰捕手(3年)が三遊間を破る適時打を放ち、1点を返した。
 
 桐生第一は一7回裏、この回からマウンドに上がった蓼原慎仁投手(3年)が、2死二塁からプロ注目の1番・来田涼斗外野手(3年)を打ち取り、ピンチを凌ぐと、8回2死から1番・飯塚一樹内野手(3年)が四球、2番・曽我が安打と二盗を決め、2死二、三塁と一打逆転のチャンスを作った。しかし後続が空振り三振に倒れ、無得点に終わった。
 
 追加点の欲しい明石商は8回、1死から3番・河野が四球を選ぶと、代走に嶋谷蒼選手(3年)が代走に送られた。その嶋谷が盗塁成功で二塁進塁。三振、四球で2死一、二塁となると、代打・山口瑛史外野手(3年)が右翼へ適時打を放ち、大きな追加点を挙げた。
 
 後がない桐生第一は9回、先頭の4番・中島優月内野手(3年)が左翼へ安打を放ち出塁すると、代打・福士信晃選手(3年)が死球で繋ぎ、無死一、二塁 のチャンスを作った。後続は5-4-3の併殺打に倒れたが、途中出場で7番に入った川端琉真外野手(3年)がしぶとく中安打を放ち1点差に迫った。しかし反撃はここまでとなり、試合終了。3-2で明石商が1点差の接戦を制した。



  • 記者募集