データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【甲子園交流試合】履正社が星稜を圧倒 エース岩崎峻典が1失点完投勝利

2020/08/15

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,



<第1試合 ○履正社 10-1 星稜●>(15日、阪神甲子園球場)
 

 
 阪神甲子園球場で開催されている甲子園交流試合は15日に4日目を迎え、第1試合で履正社(大阪)と星稜(石川)が対戦。昨夏甲子園決勝の再戦となった注目の試合は、履正社が10-1で勝利を収めた。
 
 履正社は1回、1番・池田凜内野手(3年)が内野安打で出塁すると、2番・中田陽志外野手(3年)が左翼へ適時二塁打を放ち、1、2番で1点を先制。その後チャンスを広げ、5番・大西蓮外野手(3年)の二ゴロの間に1点を追加した。
 
 履正社は2回も星稜の先発右腕・荻原吟哉投手(3年)を攻め、2死満塁のチャンスを迎えると、3番・小深田大地内野手(3年)が二遊間を破る2点適時打を放ち2点を追加。続く4番・関本勇輔捕手(3年)も三遊間を破る適時打を放つと、死球を挟み、6番・両井大貴外野手(3年)、7番・弓埜祥太郎内野手(3年)の連続適時打が飛び出し、8-0と大量リードを奪った。
 
 反撃に転じたい星稜は3回、履正社の先発右腕・岩崎峻典投手(3年)から1死一、三塁のチャンスを作ると、3番・中田達也外野手(2年)が右翼へ犠飛を放ち、1点を返した。
 
 その後は両チーム走者を出すものの、得点は奪えず、8-1と履正社7点リードで前半戦を終えた。
 
 次の1点を奪ったのは履正社。2番手左腕・野口練投手(2年)から7回2死二塁のチャンスを作ると、8番・中原雄也内野手(3年)に左翼への適時打が飛び出し、1点を追加した。
 
 履正社は9回にも2死二、三塁から8番・中原がセーフティースクイズを決め、1点を追加。10-1とさらにリードを広げた。
 
 粘りを見せたい星稜は9回1死、4番・内山壮真捕手(3年)が左翼へ大飛球を放ったが、風にも押し戻され惜しくも左飛となった。続く5番・知田爽汰内野手(3年)が意地の右安打を放ち、途中出場で6番に入った松本笙外野手(3年)が四球で繋ぐも、無得点に終わり試合終了。10-1で履正社が昨夏に続き勝利を収めた。
 
 履正社の岩崎は、9回1失点の完投勝利。昨夏優勝投手となった甲子園のマウンドで、再び躍動した。



  • 記者募集