データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【甲子園交流試合】創成館が終盤に集中打を浴びせ勝利 初出場21世紀枠平田も健闘

2020/08/11

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,



<第2試合 ●平田 0-4 創成館○>(11日、阪神甲子園球場)
 

 
 阪神甲子園球場で開催されている甲子園交流試合は11日に2日目を迎え、第2試合で21世紀枠の平田(島根)と創成館(長崎)が対戦。4-0で創成館が試合を制した。
 
 21世紀枠の平田は、春夏通じて甲子園初出場。その平田は2回表、7番・清水涼太外野手(2年)が二塁強襲の内野安打を放ち、チーム甲子園初安打を記録したが、得点に結び付けることはできなかった。
 
 対する創成館は3回裏、平田の先発右腕・古川雅也投手(3年)から2死二塁のチャンスを作ると、1番・田中雄大外野手(3年)が適時打を放ち、1点を先制。その後は決定打に欠き、1-0のロースコアで前半を折り返した。
 
 膠着した展開が続いた7回裏、創成館は無死から4番・猿渡颯外野手(3年)が右越え三塁打を放つと、続く5番・長田雄生内野手(3年)の犠飛で1点を追加。その後のチャンスは逃したが、創成館が貴重な追加点を挙げた。
 
 創成館は8回にも1死一、三塁から3番・二日一涼介外野手(3年)の犠飛、続く4番・猿渡の適時打で2点を追加し、リードを4点に広げた。
 
 何とか突破口を開きたい平田だったが、創成館の3投手の前に4回以降無安打に抑えられるなど打線が沈黙した。9回2死にはエースで4番、チームの大黒柱を担う4番・古川が土壇場で安打を放ち、粘りを見せたが、後続が倒れ、試合終了。4-0で創成館が勝利を収めた。



  • 記者募集