データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



日本代表・侍ジャパン、19得点で南アフリカに6回コールド大勝 DH西純矢が2発8打点&浅田将汰が5回無安打0封【U-18野球W杯】

2019/08/31

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , ,



星稜・奥川恭伸は代打で今大会初出場

<U-18野球ワールドカップ オープニングラウンド・グループB ○日本代表 19―0 南アフリカ共和国代表●>(31日、韓国:ドリーム・ボールパーク)
 
「第29回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」は31日に2日目を迎え、日本代表「侍ジャパン」はオープニングラウンド2戦目で南アフリカ共和国代表と対戦。打線が14安打19得点と爆発して完封勝ちし、2連勝を飾った。
 
 前日にスペイン代表を相手に終盤の集中打で辛くも逆転勝利を収めた侍ジャパンだが、この日は初回から打線が活気づいた。
 
 初回に相手先発のバーガーから3つの四球を選ぶなど2死満塁のチャンスを作ると、6番・熊田任洋(東邦・3年)が中堅へ2点適時打を放ち先制。さらに続く2回にも武岡龍世(八戸学院光星・3年)が犠飛で1点を追加し、3-0と序盤からリードした。
 
 侍ジャパンの猛攻は止まらず、3回に1点を加えると、4回には相手投手の暴投で1点を追加しなおも一、三塁とチャンスが続き、ここで指名打者として起用された7番・西純矢(創志学園・3年)が3ラン本塁打を放って8-0とする。
 
 投げては、先発の浅田将汰(有明・3年)が4回まで無安打7奪三振の力投。投打に南アフリカ共和国を圧倒した。
 
 侍ジャパンは5回にも武岡、西の適時打などで一挙5得点。13-0と試合を決定づける。大量援護にも浅田は気を緩ませることなく、5回も3者凡退に抑えた。
 
 6回、侍ジャパンの先頭打者として代打で起用されたのは今夏の甲子園で準優勝を果たした星稜のエース・奥川恭伸(3年)。奥川は南アフリカ共和国代表の3番手・ムポフに対して遊撃への内野安打を放ち出塁する。
 
 奥川は代走・山瀬慎之助(星稜・3年)と交代したが、この後に遠藤成(東海大相模・3年)、熊田の適時打が飛び出すと、西にはこの日2発目となる2ラン本塁打が飛び出して19-0とした。
 
 直後の守りで、侍ジャパンは2番手としてマウンドに上がった林優樹(近江・3年)が南アフリカ共和国打線を3者凡退に抑えて、規定(5回以降15点差、7回以降10点差)により6回コールドで試合終了。侍ジャパンが14安打19得点を挙げて19-0と大勝、2連勝とした。