データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【甲子園決勝速報】履正社、4番・井上広大がバックスクリーンへ逆転3ラン! 星稜・奥川恭伸は今大会初被本塁打

2019/08/22

text By

タグ: , , , , , , , , , , , ,



<第14日(最終日)決勝戦 履正社 ― 星稜>(22日、阪神甲子園球場)
 
 第101回全国高校野球選手権大会は20日に14日目を迎え、決勝戦でともに初優勝を狙う履正社(大阪)と星稜(石川)が対戦している。
 
 星稜は奥川恭伸(3年)、履正社も清水大成(3年)と両エースが先発した試合は、初回ともに無失点。しかし、奥川が2回に1死二塁のピンチを脱した直後、星稜は2死二塁から7番・岡田大響(3年)が右中間を破る適時二塁打を放って先制の1点をスコアボードに刻んだ。
 
 対する履正社は3回、2死から連続四球を選んで一、二塁とすると、4番・井上広大(3年)が初球のスライダーを捉えると、打球は中堅バックスクリーンに突き刺さる大会第48号の逆転3ラン本塁打に。履正社が3-1と試合をひっくり返した。奥川はこれが今大会初被本塁打となった。