データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【甲子園速報】星稜・奥川恭伸「打たせていこう」で7回0封10K 県勢初Vへのバトン繋ぐ「後悔しないように」

2019/08/20

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , ,



選抜で完封した履正社と再戦!林監督「試合ができることを喜びに」

<第13日 第2試合 準決勝 ○星稜 9―0 中京学院大中京●>(20日、阪神甲子園球場)
 
 第101回全国高校野球選手権大会は20日に阪神甲子園球場で13日目を迎え、第2試合では、星稜(石川)が中京学院大中京(岐阜)を投打で圧倒し、悲願の初優勝へ向けて24年ぶりの決勝進出を果たした。
 
 17日の3回戦・智弁和歌山(和歌山)戦から中2日、奥川恭伸(3年)は仲間たちが繋いでくれた「初優勝へのバトン」を受け取り、圧巻の投球で中京学院大中京をねじ伏せた。
 
 先発した奥川は、初回の先頭打者に中前安打を許したものの、その後は7回2死まで「20人連続アウト」の快投。内容も7回87球を投げ被安打2、無四球、奪三振10と抜群の制球力も披露し、余力を残してマウンドを後にした。
 
 試合後、奥川の第一声「ホッとした」。150キロ前後の伸びのある速球とキレのあるスライダーなどの変化球を駆使して三振の山を築いたが、まず本人の気持ちの中にあったのは「打たせていこう」という思いだった。
 
 相手は初戦から3試合連続逆転勝ちで集中打が持ち味のチーム。それだけに、「向こうも力のある打者がいたので、そこは上手いことやれた」とゴロアウト7個、フライアウト4個というバックの守りとともに打たせて取る投球に胸を張った。
 
 試合は序盤までに6点を取ったが、打線が4回から6回まで無得点と走者を出すものの、あと一打が出ずダメ押しの機を逃し続けた。その中でも踏ん張った奥川を、林和成監督は「しっかり投げてくれた」と労っている。
 
 指揮官いわく、「前半2回ぐらいまでは身体が重たそうな感じで抑えながら投げている感じ」だったというが、それでも「中盤以降はしっかり腕も振れてきたので、十分良いピッチングをしてくれた」とエースの逞しい姿を称賛した。
 
 いよいよ決勝戦。石川県勢、そして富山・福井も含めた北陸勢としても初となる夏の全国制覇まであと1勝とした。相手は履正社(大阪)。今春の選抜大会の1回戦で対戦した際には3-0で奥川が完封勝利を収めたが、今大会の履正社は強力打線に磨きがかかり激戦が必至となる。
 
 林監督は「決勝に進出できた実感はないが、恥ずかしくない試合をしたい」とコメント。春に続いての再戦には「この素晴らしい舞台で履正社さんと試合ができることを喜びに変えて一生懸命戦いたい」と意気込んだ。
 
 一方の奥川も、「(今日は)ボール先行してしまった場面とかあったので修正して、後悔しないようにやり切りたい」と課題を挙げながら頂点を見据えている。石川県民の期待を背に受ける決勝の舞台。右腕は「石川県の方は、それ(県勢初優勝)を期待している。応援してくださっているわけなので、その期待に応えられるように最後まで全力で戦い抜きたい」と語った。
 
 
取材・氏原英明、文・ベースボールチャンネル編集部