データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【甲子園速報】星稜、大勝で24年ぶり4強!奥川恭伸は温存も伝令で檄 仙台育英の敗退で東北勢初Vならず

2019/08/18

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , ,



2番・今井秀輔がグランドスタムなど3安打7打点!サイクルH達成はならず

<第12日 第3試合 準々決勝 ○星稜 17―1 仙台育英●>(18日、阪神甲子園球場)
 
 第101回全国高校野球選手権大会は18日に12日目を迎え、第3試合ではともに夏の優勝経験が無い地域、北陸勢と東北勢の対戦。お互いその地域で唯一勝ち残った星稜(石川)と仙台育英(宮城)が激突し、星稜が22安打17得点の大勝で24年ぶりの準決勝進出を果たした。
 
 優勝経験はないものの、全国屈指の強豪同士の対戦は戦前の予想に反する展開となる。
 
 先手を取ったのは、3回戦の智弁和歌山(和歌山)戦で延長14回サヨナラ勝ちを収めた星稜。仙台育英の先発、背番号「11」の伊藤樹(1年)に対して、2回に1死満塁のチャンスを作ると、1番・東海林航介(3年)が右前適時打を放ち1点の先制に成功する。
 
 なおも満塁で打席に入った今井秀輔(2年)が、カウント2-0からの3球目、内角139キロの速球を捉えると、打球は左翼ポール際に飛び込む満塁本塁打となって一気に5-0と大きなリードを奪った。
 
 さらに星稜は続く3回に、2回途中からマウンドに上がったエース・大栄陽斗(3年)に対して再び1死満塁とすると、またも今井が左翼へ2点適時二塁打。そして続く知田爽汰(2年)も中堅へ犠飛を放って8-0とした。
 
 序盤は一方的な展開となったが、4回に仙台育英がついに反撃する。それまで2イニング連続で3者凡退に打ち取られていた星稜の先発、背番号「11」の荻原吟哉(2年)に対して、1死から4番・小濃塁(3年)がスライダーを捉えて右翼スタンドへソロ本塁打を叩き込み1点を返した。
 
 そして、この時から星稜サイドでは3回戦で延長14回165球を投げたエース・奥川恭伸(3年)が投球練習を開始し登板機会に備え始めた。
 
 6回、星稜は2死三塁のチャンスを作るも無得点。直後の守りで2死走者なしから荻原が2者連続安打を浴び一、三塁のピンチを招き、ここで奥川が伝令でマウンドへ。笑顔で後輩の荻原に激を送り、荻原もそれに応えて後続を打ち取り無失点で切り抜けた。
 
 この試合、ここまで本塁打、二塁打を放っている星稜の今井は、7回の第5打席にあとわずかで本塁打というフェンス直撃の適時三塁打。9-1とリードを広げるとともに、史上7人目のサイクル安打達成まであとシングル安打のみを残した。
 
 星稜の先発・荻野は7回も続投。2死走者なしの場面で、マウンド上で足が攣るアクシデントに見舞われたが、この時に仙台育英サイドから選手が水分を荻野に手渡し、満員の甲子園球場からは大きな拍手が沸き起こった。
 
 仙台育英は、エースの大栄が4回以降無失点に抑える好投を見せていたが、8回に落とし穴が待っていた。先頭の4番・内山壮真(2年)に対して、2球目のカーブが甘く入ると、内山にそれを逃されずに叩かれ、打球は左翼スタンドへの大会第43号のソロ本塁打となった。星稜はこの一発でついに2桁10得点に乗せた。
 
 大栄は次打者に二塁打を打たれ、ここで降板。マウンドには3番手として笹倉世凪(1年)が上がったが、暴投で走者を三塁に進めると、代打・竹村紘人(3年) に適時打を浴び1-11とされる。さらに攻撃の手を緩めない星稜は、盗塁で二、三塁とすると、笹倉の2つの暴投によって2点を追加。13-1と12点差をつけた。
 
 なおも1死一、二塁で、サイクル安打にリーチとした今井が打席へ。今井は仙台育英の4番手・鈴木千寿(3年)に対してカウント0-2から外角低めの速球に空振り三振。ここは鈴木が意地を見せて快挙達成を阻んだ。
 
 星稜は8回、2番手として寺沢孝多(3年)が登板し無失点。すると、直後の攻撃で内山が左中間へ2打席連続本塁打となるソロを叩き込み、続く大高正寛(3年)も左翼スタンドへ2者連続のソロ本塁打を放ち15-1。大会記録の1試合5本塁打まであと1本とする。さらに1死二塁から寺沢も今大会初安打となる中前適時打、東海林も右前適時打で17点目を刻んだ。
 
 そして、サイクル安打の期待がかかる今井に再び打席が回ってくる。対するのは再び鈴木。しかしフルカウントからの6球目は大きく外れて四球となった。それでも、今井はこの日6打数3安打7打点の大活躍だった。
 
 星稜は、最後の守りで寺沢が先頭の大栄に右前安打を許したものの、二塁の山本伊織(3年)が好捕を見せるなど後続を抑えて試合終了。22安打で大量17得点をマークし、仙台育英を下した。勝った星稜は、準優勝した1995年以来24年ぶりのベスト4進出。石川県勢としてもそれ以来となる準決勝進出となった。
 
 一方、敗れた仙台育英は、準優勝した2015年以来4年ぶりのベスト4入りはならず。この日は第1試合で八戸学院光星(青森)も敗れたため、これで東北勢は全て姿を消すこととなった。しかし、今大会も仙台育英は投手力と打力を発揮。1回戦の飯山(長野)との試合では24安打20得点で大勝し、2回戦の鳴門(徳島)戦、3回戦の敦賀気比(福井)戦ではともに継投で接戦をモノにした。東北勢初優勝は叶わなかったが、総合力の高さで全国屈指の強さは揺らいでいない。