データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【甲子園速報】中京学院大中京、春夏通じ初の4強!元謙太が好救援&逆転満塁弾 作新学院は勝利目前で一発に泣く

2019/08/18

text By

タグ: , , , , , , , , , , , ,



3試合連続のビッグイニングでの逆転勝利

<第12日 第2試合 準々決勝 ○中京学院大中京 6―3 作新学院●>(18日、阪神甲子園球場)
 
 第101回全国高校野球選手権大会は18日に12日目を迎え、第2試合では中京学院大中京(岐阜)と2016年の覇者・作新学院(栃木)が対戦。中京学院大中京が終盤の逆転劇で初のベスト4入りを果たした。
 
 伝統校同士の対決、先に主導権を握ったのは作新学院。中京学院大中京の先発・不後祐将(3年)に対して初回、1死から死球と中前安打で一、二塁のチャンスを作ると、4番・石井巧(3年)が中堅バックスクリーンへ大会第39号の3ラン本塁打を放ち3点を先制した。
 
 対する中京学院大中京は、作新学院の先発・林勇成(3年)に対して初回の2死二、三塁など3イニング連続で走者を得点圏まで進ませるも、あと一本が出ず序盤は拙攻に苦しむ。
 
 作新学院は林が5回まで無失点。走者を背負いながら打たせて取る投球が光り、今大会ビッグイニングを作って2戦連続逆転勝ちしている中京学院大中京に決定打を与えない。
 
 対する中京学院大中京も、不後が2回以降立ち直り4回まで3イニング連続無失点。5回から登板した元謙太(2年)が作新学院打線を抑え、3-0のまま試合前半を折り返した。
 
 球際の巧みな処理と素早い送球、互いに堅い守備が光って早いテンポで試合が進む。
 
 6回、作新学院がこの試合両チーム初の3者凡退に終わった直後、中京学院大中京は、2死から4番・藤田健斗(3年)がこの日2安打目となる中前安打で出塁。すると続く小田康一郎(1年)は内角攻めを受けながらフルカウントから右翼へ大きな飛球を放ったが、スタンドへはわずかに届かず右飛に倒れ、反撃の得点とはならなかった。
 
 試合は終盤7回に入り、作新学院が2死一、二塁のチャンスを作ったところで中京学院大中京は2番手として赤塚健利(3年)が登板。今大会好リリーフを見せている赤塚が、ここでも先制本塁打を放っている石井を左飛に打ち取ってピンチを脱した。
 
 攻撃面でも意地を見せたい中京学院大中京は、直後に1死から7番の元が中前安打で出塁。徐々に投球にバラつきが見られてきた林に対して、続く二村洸生(3年)が四球を選び一、二塁とすると、さらに9番・井上槙士(3年)が左前へ適時打を放ってついに1点を返した。
 
 続く1番・高畠和希(3年)も右前安打で満塁。一打同点、長打が出れば逆転のチャンスで、申原愛斗(3年)が右前適時打を放ち1点差とする。しかし、好救援の赤塚の代打として打席に立った布谷陸人(3年)が遊ゴロ、6-4-3と渡って併殺となってさらなる追加点は挙げられなかった。
 
 しかし8回、これまで中京学院大中京の勝ちっぷりを象徴する攻撃を見せる。先頭が四球を選び、作新学院の2番手・三宅悠弥(3年)からも2連続四球と冷静に見極め満塁。そして3番手でマウンドに上がった坂主清(3年)に対して、8回から再びマウンドに上がっていた7番・元が放った打球は左翼ポール際へ飛び込む大会第40号の逆転満塁本塁打に。6-3と一気に試合をひっくり返した。
 
 起死回生の一発で勝利を引き寄せた元は、直後の9回のマウンドで作新学院の攻撃を無失点に抑え試合終了。中京学院大中京が、終盤の驚異の猛攻で3試合連続の逆転勝ちを収め、嬉しい初のベスト4入り。1975年のベスト8を上回り、新たに歴史のページを刻んだ。
 
 一方、終盤に逆転され目前の勝利を逃した作新学院は、優勝した2016年以来3年ぶりの4強入りはならず。今大会は2回戦で筑陽学園(福岡)に延長戦の末に勝利。そして3回戦では岡山学芸館(岡山)に自慢の打力を発揮して18-0の完勝と強さを全国に関東屈指の強さを見せつけた。