データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【甲子園速報】明石商、初のベスト4進出!終盤に執念の勝ち越し 八戸学院光星はエース山田怜卓が痛恨暴投

2019/08/18

text By

タグ: , , , , , , , , , , ,



序盤2イニングは明石商が大量リードで主導権。八戸学院光星も着実に得点

<第12日 第1試合 準々決勝 ○明石商 7―6 八戸学院光星●>(18日、阪神甲子園球場)
 
 第101回全国高校野球選手権大会は18日に12日目を迎え、第1試合では初の8強入りを果たした明石商(兵庫)と5年ぶりの8強入りとなった八戸学院光星(青森)が対戦。明石商が終盤にもつれた接戦を制して初のベスト4入りを果たした。
 
 頂点へあと3勝と迫った準々決勝。第1試合で先手を取ったのは先攻の明石商だった。初回から八戸学院光星の先発、背番号「5」の下山昂大(3年)に猛打が襲い掛かる。1死から四球と内野安打で一、二塁とすると、4番・安藤碧(3年)が右前適時打を放ち先制に成功した。
 
 さらに続く宮崎涼介(3年)はエンドランを仕掛けながら中前適時打で1点追加。なおも一、三塁から福井雄太(2年)がスクイズ成功し、立ち上がりから一挙3点を挙げて3-0とリードした。
 
 対する八戸学院光星もすぐに反撃。明石商の先発、背番号「10」の杉戸理斗(3年)の前に1死から中前安打と2つの四球で満塁チャンスを作る。ここで5番・大江拓輝(3年)の一ゴロの間に三塁走者が生還し1-3。なおも死球で満塁としたが、後続が倒れて1点止まりとなった。
 
 1点を返されたものの、満塁のピンチで追加点を許さなかった明石商は、続く2回に八戸学院光星を突き離す。1死から1番・来田涼斗(2年)の右前安打と死球などで2死一、二塁のチャンス。
 
 この好機に、先制打を放っている安藤がカウント2-2から外角高めの速球を完璧に捉えると、打球は右中間スタンドに入る大会第38号の3ラン本塁打に。この会心の一発で明石商は6-1と大きくリードを広げた。
 
 序盤で5点を追うことになった八戸学院光星は3回、先頭から2者連続四球を選び一、二塁。そして4番・原瑞都(3年)が送りバントを成功させ二、三塁とチャンスを広げた。ここで5番の大江が右中間へ2点適時打を放ち3-6と3点差に縮める。この後さらに1死一、三塁となったが、後続が併殺打に倒れて同点までには至らなかった。
 
 明石商は、3回に続いて4回から登板した八戸学院光星の2番手・横山海夏凪(3年)に対して5回まで無得点。走者を置くものの、あと一本が出ず追加点が取れない。一方、八戸学院光星は4回は杉戸の前に無得点に終わったものの、5回は四死球と右前安打で無死満塁のチャンスを作る。
 
 ここで明石商は堪らず背番号「11」の溝尾海陸(3年)をマウンドに送る。八戸学院光星の打席には6番の下山。開幕戦で満塁弾を放っている下山は、カウント2-1から外角のスライダーを弾き返すと、打球は三塁手のエラーを誘いこの間に2者が生還して5-6と1点差に詰め寄った。
 
 八戸学院光星はなおも送りバントでチャンスを広げ1死二、三塁。しかし、明石商も溝尾が8番・太山皓仁(3年)を遊ゴロ、9番・沢波大和(3年)を左邪飛と2者連続で打ち取って同点、逆転は許さず。1点差で前半5回を折り返した。
 
 グラウンド整備明けの6回、明石商は2死走者なしから四球と中前安打で一、三塁とするも、本塁打を放っている安藤が一ゴロに打ち取られ無得点。ピンチを脱した八戸学院光星は、1死から連続安打と四球で満塁の絶好機を迎える。ここで大江は空振り三振に倒れたものの、下山が押し出し四球を選んで6-6とついに同点に追い付いた。
 
 八戸学院光星は7回、横山が先頭打者に四球を与え二塁への進塁を許すも、2死となって登板した背番号「1」の山田怜卓(3年)が7番・清水良(3年)を三ゴロに打ち取って3アウトとなった。
 
 一方、明石商も7回2死三塁のピンチでエースの中森俊介(2年)にスイッチ。中森はこの日2安打の2番・島袋翔斗(3年)に対する2球目で速球が151キロを計測。そして最後も151キロの速球で一塁へのファールフライに打ち取り、この回は両チームのエース投手が好救援を見せた。
 
 残り2イニングとなった8回。先攻の明石商は、先頭の溝尾が中前安打で出塁すると、来田は四球を選んで一、二塁。そして送りバントを成功させ1死二、三塁とする。ここで3番・重宮涼(3年)がスクイズを仕掛けるも、八戸学院光星バッテリーが投球を外して三塁走者は狭殺プレーでアウト。それでも、2死三塁となって山田が痛恨の暴投を犯して三塁走者が生還し、明石商が7-6と勝ち越した。
 
 終盤でミスによって勝ち越しを許した八戸学院光星は、その直後の攻撃で先頭の3番・近藤遼一(3年)が左越え二塁打で出塁。さらに1死から野選で一、三塁とチャンスを広げる。しかし、明石商・中森が下山を空振り三振。直後に一塁走者の盗塁を阻止して危機を救った。
 
 八戸学院光星は1点を追う9回、先頭の代打・道江勇斗(3年)が相手エラーで出塁。送りバントで1死二塁と同点のチャンスを作るが、中森が沢波を左直、最後は主将・武岡龍世(3年)を右飛に打ち取って試合終了。明石商が7-6で接戦を制した。
 
 勝利した明石商は初のベスト4進出。そして兵庫県勢の夏4強入りは、2010年の報徳学園以来9年ぶりとなった。一方、敗れた八戸学院光星は、準優勝した2012年以来7年ぶりのベスト4入りは叶わず。しかし、今大会は初出場の誉(愛知)との開幕戦をはじめ、智弁学園(奈良)、海星(長崎)を自慢の攻撃力で次々と撃破。東北勢屈指の強さを今年も見せつけた。