データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【甲子園速報】明石商、終盤追いつき劇的サヨナラ 先発・杉戸理斗は2回以降無失点の力投

2019/08/16

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , ,



<第10日 第3試合 3回戦 ○明石商 3―2 宇部鴻城●>(16日、阪神甲子園球場)
 
 第101回全国高校野球選手権大会は16日に10日目を迎え、第3試合では明石商(兵庫)と宇部鴻城(山口)が対戦。延長10回までもつれ込んだ試合は、明石商がサヨナラスクイズを決め、逆転で準々決勝進出を決めた。
 
 明石商の先発は背番号「10」の左腕・杉戸理斗(3年)。初回、1死からヒットで走者を背負うと、3番・酒井隼平(3年)に2ラン本塁打を浴び、2点を先制される。しかし、2回以降は走者を許しながらも追加点を与えない投球で、粘り強く打線の援護を待った。
 
 一方の打線は、宇部鴻城の岡田佑斗(3年)の前に、再三のチャンスも4回まで得点を挙げることができずにいた。しかし5回、主将・重宮涼(3年)のバックスクリーンに飛び込む一発で反撃の狼煙を上げる。1点ビハインドの8回には、1死二塁の場面で、代走で出場していた二塁走者・窪田康太(3年)が三盗に成功。続く清水良(3年)の一ゴロの間に生還し、土壇場で追いついた。
 
 初回以降得点を許していない杉戸は、同点の9回、死球でサヨナラの走者として出塁。得点には結びつかなかったものの、気迫でチームを後押しする。杉戸が延長10回表を三者凡退で抑え、流れを大きく引き寄せると、その裏1死満塁から、河野光輝(3年)がスクイズを決め、劇的サヨナラ勝利。杉戸は10回155球を投げ、2失点の力投だった。
 
 勝利した明石商は、第4試合の勝者と準々決勝で対戦する。