データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【甲子園速報】作新学院、岡山学芸館に18得点快勝で8強 林勇成はノーヒットノーランを予感させる1安打投球

2019/08/16

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , ,



岡山学芸館・丹羽淳平は顔面骨折も力投&初安打

<第10日 第1試合 3回戦 ○作新学院 18―0 岡山学芸館>(16日、阪神甲子園球場)
 
 第101回全国高校野球選手権大会は、台風10号接近に伴う順延の影響で16日に10日目を迎えた。第1試合では作新学院(栃木)が岡山学芸館(岡山)を18-0で下し、ベスト8入りを決めた。
 
 作新学院のエース林勇成(3年)が圧巻のピッチングを見せた。岡山学芸館打線に対し、インコースを強気に攻め、130キロ台の速球を軸に打たせて取る投球で、8回2死から金城祐太(3年)に左安打を許すまでノーヒットに抑えた。
 
 一方の岡山学芸館は、10日に行われた広島商との2回戦で顔面に打球を受けて途中交代した丹羽淳平(3年)が先発。大会本部の医師による最終確認を受け、この日の登板にこぎつけた。
 
 初回、先頭の福田真夢(3年)にいきなり二塁打を浴びると、1死三塁から3番・中島義明(3年)にセンターへ弾き返され、先制を許す。2回にも1点を失うと、3回には、2安打と四球で2死満塁の場面から、立石翔斗(3年)に走者一掃の適時二塁打を打たれ、大きく点差を広げられた。
 
 丹羽からマウンドを引き継いだ中川響(3年)も作新学院打線を止められず、6回まで毎回失点。7回こそ、仲村竜(1年)の好投でスコアボードに0を刻んだものの、その仲村も8回につかまるなど、計18点を奪われた。
 
 それでも9回に再びマウンドに上がり0点に抑えた丹羽。その裏の最終打席では、甲子園初安打をマークするなど最後まで力強くプレーした。