データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【甲子園速報】関東一、エース土屋大和が127球完投!4年ぶり3回戦進出 熊本工は終盤の怒涛の追い上げ実らず

2019/08/14

text By

タグ: , , , , , , , , , ,



追い上げられるも直後に貴重な犠飛で逃げ切る

<第9日 第3試合 2回戦 ○関東一 6―5 熊本工●>(14日、阪神甲子園球場)
 
 第101回全国高校野球選手権大会は14日に9日目を迎え、第3試合では関東一(東東京)と熊本工(熊本)が対戦。関東一が熊本の追撃をかわして4年ぶりの3回戦進出を果たした。
 
 関東一の土屋大和(3年)と熊本工の林彪太郎(3年)の両エースによる投げ合いで始まった試合は、序盤2回まで両チーム無得点。試合前には雨が止み、上空には晴れ間がのぞく中で静かなスタートを切った。
 
 先に均衡を破ったのは関東一だった。3回、先頭から2者連続で四球を選び一、二塁。2死から4番・平泉遼馬(3年)が放った三ゴロで相手の三塁手・森翔太郎(2年)が一塁へ悪送球し、その間に三塁走者が生還して1点を先制した。
 
 エラーで先制点を取られた熊本工は、直後の4回に反撃。こちらも1死から四球を選ぶと、送りバントで2死二塁として4番・内田雄大(3年)が右前へ適時打。すぐさま1-1の同点に追い付いた。
 
 取っては取り返す展開。続く5回、関東一が再び林に襲い掛かる。1死から平泉の中前安打と悪送球で1死三塁とし、野口洋介(3年)の左前適時打で1点を勝ち越し。なおも2死二塁で7番・重政拓夢(2年)の適時打で3-1とこの試合初めて2点差をつけた。
 
 さらに関東一がたたみかける。続く初谷健心(1年)が放った右前への打球を小野隆也(2年)が後逸。打球が転々とする間に一塁走者の重政に続いて打者走者の初谷も生還して2点を加え5-1とした。
 
 グラウンド整備明けの6回はともに無得点。後半に入って試合を先に動かしたのは4点を追う追う熊本工。先頭の4番・内田雄大(3年)が三塁への二塁打で出塁すると、森も右前安打で続くなど1死二、三塁とチャンス広げる。
 
 90球に達した土屋に対して、ここで初戦位サヨナラ本塁打を放った7番・山口環生(3年)が左翼線へ2点適時打を放ち3点目。三塁側アルプスから「熊工・新サンライズ」が鳴り響き続け、波に乗る熊本工はさらに2死二塁から江川輝琉亜(2年)が中前へ適時打を放って1点差に詰め寄った。
 
 一方、追い上げを食らった関東一は、直後の攻撃で先頭の平泉が相手エラーで二塁に出塁。足を痛そうにする中でも、1死三塁から渋谷嘉人(3年)の中飛で必死に走ってスライディングで生還し6点目を入れた。平泉は生還後も足を引きずっていたが、守備でが堅実な引き続きプレーを見せ周囲を安心させた。
 
 試合は2点差のまま9回を迎え、関東一は先発の土屋が110球を超えながら続投。1死三塁から内野ゴロの間に1点を失ったが、後続を打ち取って127球5失点完投。6-4で勝利を収めた。関東一は、4強入りした2015年以来4年ぶりの3回戦進出。これは東東京代表としては3年連続となる。
 
 一方、敗れた熊本工は2006年以来13年ぶりの3回戦進出はならなかった。熊本代表としては2016年に秀岳館が4強入りして以降3年連続で3回戦の壁に阻まれている。