データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



宇部鴻城、「1番・投手」岡田佑斗が投打に活躍 2ラン&12K完投も表情崩さず「課題修正する」【全国高校野球】

2019/08/12

text By

タグ: , , , , , , , , , , , ,



指揮官は下位打線を評価「8番、9番の活躍が大きかった」

 
<第7日 第1試合 2回戦 ○宇部鴻城 7―3 宇和島東●>(12日、阪神甲子園球場)
 
 第101回全国高校野球選手権大会は12日に7日目を迎え、第1試合では7年ぶり2回目出場の宇部鴻城(山口)が9年ぶり9回目出場の宇和島東(愛媛)を下して3回戦進出を決めた。
 
 宇部鴻城が前回出場の2012年以来7年ぶりの甲子園1勝を掴み取った。
 
 宇部鴻城は2-0とリードした4回に1点を追加すると、なおも一塁に走者を置き、先発マウンドを任された1番・岡田佑斗(3年)が右翼スタンドへ2ラン本塁打を放ち5-0とリードを広げる。
 
 背番号「8」の岡田は13安打を浴びながら宇和島東打線を3点に抑えて147球を完投。12奪三振の力投で、宇部鴻城を3回戦進出に導いた。
 
 宇部鴻城の尾崎公彦監督は試合後、15安打7得点の打線について「予選でもこんなに打っていないので、よく振ってくれた」と称賛。山口大会では無安打だった8番・捕手の山本雄一郎(3年)がこの夏初安打を放ったことでチームが盛り上がったといい、「みんながリラックスして、いけるぞという雰囲気ができた。8番、9番の活躍が大きかった」と、3安打3打点の9番・河村勇飛(3年)も含めて下位打線の打力を勝因の1つに挙げた。
 
 守りでは終盤は9回に1死満塁のピンチを迎えるなど粘る宇和島東を何とか抑え切ったが、「最後まで怖かったが、守備陣がよく頑張った」と振り返っている。
 
 一方、12奪三振3失点完投の岡田は「三振が多く取れたが、本来は低めに投げて打たせて取るのが自分の持ち味。課題を修正して次に臨みたい」と、好投にも気を引き締めながら次戦を見据えた。
 
 チームが主導権を握るカギにもなった2ラン本塁打は「甘い球が来たらしっかり振ろうと狙っていた。長打が出ればと思っていたが、本塁打になるとは思わなかった」と振り返り、「狙い球がしっかり捉えられた結果」と胸を張った。
 
 3回戦の相手は攻守に力のある明石商(兵庫)。今春の選抜大会で4強入りした強敵だが、「自分たちはしっかりと120%の準備をして、応援してくれる人たちのためにも頑張りたい」と勝利を誓った。