データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



関東一、日本文理との壮絶シーソーゲーム制す 平泉遼馬の豪快弾含む10得点&谷幸之助が好救援【全国高校野球】

2019/08/10

text By

タグ: , , , , , , , , , , , ,



序盤から打ち合い!リードが3度入れ替わる

 
<第5日 第1試合 1回戦 ○関東一 10―6 日本文理●>(10日、阪神甲子園球場)
 
 第101回全国高校野球選手権大会は10日に5日目を迎え、第1試合では日本文理(新潟)と関東一(東東京)が対戦し、関東一が3度リードが入れ替わるシーソーゲームを制して初戦突破を果たした。
 
 新潟大会(6試合)のチーム打率が.413の日本文理は初回、関東一の先発・土屋大和(3年)を攻め立て安打、野選、四球で満塁とすると、エース右腕の5番・南隼人(3年)の中前適時打で幸先良く1点を先制。3回にも2死二塁から南の2打席連続適時打で1点を追加し2-0とリードする。
 
 一方、東東京大会で打率.390を残した関東一も、直後の攻撃で4番・平泉遼馬(3年)が中堅バックスクリーンへ飛び込むソロ本塁打を放ち1点を返すと、なおも二塁打と四死球と2死満塁と打線が繋がり、土屋が走者一掃の右越え3点適時三塁打を放って4-2と逆転に成功した。
 
 序盤から打撃戦となった試合は、中盤になってもその様相は変わらない。4回、日本文理は先頭からの2者連続安打などで1死二、三塁とチャンスメイク。ここで1番・桑原大紀(2年)が中前へ2点適時打を放ち同点とすると、2番の主将・長坂陽(3年)も左越え適時二塁打で5-4とこの回一気に再逆転に成功する。
 
 しかし関東一も、直後の攻撃で無死一塁から本塁打を放っている平泉が右越え適時三塁打を放ち同点。なおも三塁で5番・野口洋介(3年)の中前適時打で6-5と再々逆転に成功し、両チームが持ち味の打力を発揮する試合となった。
 
 先に継投に動いたのは関東一だった。4回に土屋に代打を送ると、5回は2番手として谷幸之助(3年)が登板し3者凡退。日本文理を2回以来となる無失点に抑え、打ち合いの雰囲気をひとまず止めた。
 
 対する日本文理も5回から継投に入る。南が右翼に回り、三塁を守っていた長谷川優也(2年)が登板。その長谷川も谷の好投に影響されるように3者凡退に抑え、5回は両チームとも無得点で試合前半を押し返した。
 
 グラウンド整備明けの後半、先に1点を取ったのはリードしている関東一。6回に振り逃げと送りバントで1死二塁とすると、主将の6番・渋谷嘉人(3年)が左前適時打を放ち1点追加して7-5とする。なおも2死三塁までチャンスを広げたが、ここは長谷川がしのいで2点差のまま終盤を迎えた。
 
 2点を追う日本文理は7回、四球と内野安打に相手守備エラーが絡んで1死二、三塁のチャンスを作ると、南の三ゴロの間に三塁走者が生還し6-7。この夏、東東京大会で2試合を投げて無失点だった谷に対しても臆することなく1点をもぎ取った。
 
 再び1点差とされた関東一は、直後に先頭の谷が二塁打で出塁し、さらに四球と送りバントで1死二、三塁。ここで平川嶺(3年)が中前へしぶとく適時打を放ち2点を加え、9-6とこの試合最大点差となる3点差とした。
 
 関東一は8回にも金森優(3年)の適時打で1点を追加。ついに2桁得点の10点に乗せ、日本文理を突き離す。投げては5回からリリーフした2番手・谷が、9回も満塁と粘る日本文理の反撃を振り切り無失点。4回1失点の好救援で関東一が10-6で勝利し、2015年以来4年ぶりとなる初戦突破を果たした。