データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



敦賀気比、初出場の富島を破り2回戦進出 2年生右腕・笠島尚樹が3安打完投【全国高校野球】

2019/08/08

text By

タグ: , , , , , , , , , ,



<第3日 第4試合 1回戦 〇敦賀気比 5―1 富島●>(8日、阪神甲子園球場)
 
 第101回全国高校野球選手権大会は8日に3日目を迎え、第4試合では敦賀気比(福井)と富島(宮崎)が対戦。敦賀気比が5-1で初出場の富島を破り、2回戦進出を決めた。
 
 2年連続の出場となる福井代表・敦賀気比と初出場の宮崎代表・富島が2回戦進出をかけてぶつかった第4試合。序盤は両チームともに堅い守りで、3回まで互いに得点を許さない締まったゲーム展開となった。
 
 試合が動いたのは4回表、敦賀気比が相手のミスも絡んで2死三塁のチャンスを作ると、ワイルドピッチで1点を挙げる。その裏には、富島が2死一、三塁からダブルスチールを仕掛け、松浦佑星(3年)の好走塁もあり、すぐさま同点に追いついた。
 
 しかし、5回表、1死二塁から、敦賀気比の7番・長浜慶太(2年)が放った打球を、左翼手・矢野磨納仁(3年)が落球。二塁走者が還って敦賀気比が勝ち越しに成功すると、さらに8番・御簗龍己(2年)が両チーム通じて初の適時打を放ち、3-1と突き放した。
 
 敦賀気比は6回と8回にも得点を加え計5得点。投げては、先発の笠島尚樹(2年)が3安打1失点完投で、富島打線を寄せ付けなかった。