データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



明徳義塾・馬淵史郎監督、“クローザー”起用は「ひらめき」 2年生・新地智也が期待に応え無失点【全国高校野球】

2019/08/08

text By

タグ: , , , , , , , , , , , ,



継投のタイミングにも名将らしさ「この暑い中…」

 
<第3日 第2試合 1回戦 ○明徳義塾 6―4 藤蔭●>(8日、阪神甲子園球場)
 
 第101回全国高校野球選手権大会は8日に3日目を迎え、第2試合では明徳義塾が最後まで食い下がる藤蔭を6-4で下し初戦突破。智弁和歌山が待つ2回戦に進んだ。
 
 明徳義塾は0-0で迎えた4回、藤蔭の先発・小宮大明(3年)から5番・奥野翔琉(2年)と今釘勝(2年)の適時打で2点を先制。6回にも2本の適時打と犠飛、そして相手の守備の乱れに乗じて一挙4得点し6-0とリードを広げた。
 
 明徳義塾が主導権を握ったと思われた直後、藤蔭打線が奮起する。明徳義塾の先発・林田大成(3年)に対してお返しとばかりに3番・樋口昇樹(3年)と4番・塚本修平(3年)の連続適時打で3点差。さらに失点に繋がるエラーを犯した朝倉康平(3年)も適時打を放って4-6と迫った。
 
 継投に入った両チームは7回、8回は無失点。9回、2点を追いかける藤蔭に対し、明徳義塾の3番手で登板した新地智也(2年)が2死一、二塁のピンチを招きながらも、最後は遊ゴロに打ち取って逃げ切りに成功した。
 
 勝った明徳義塾は、前回出場時以来2年ぶりの初戦突破となった。試合後、馬淵史郎監督は「苦しいですね」と辛くも勝利した一戦に苦笑い。「継投は最初から考えていた」といい、「林田がずっと0点で抑えていたので引っ張ろうかなと思っていたが、この暑い中(今大会を通じて)投手が走者として出るとピンチを迎えたりしていたので」と他チーム戦いを参考にしながら決断に至ったことを明かした。
 
 9回には高知大会で決勝の1試合に登板させた新地をマウンドに送った。“抑え”任せたことには「あそこは新地かなと。パッとひらめいて、思い切って予選と同じようにいった」と名将らしい起用法を説明。三塁を守る正本旭(3年)の好守備にも助けられながら、それが見事にハマった形となった。
 
 打線は6安打で6得点。「今年の明徳は打てない。相手のミスに乗じて戦うことしかできない」と話しながら、2回戦で戦う強力打線を誇る智弁和歌山戦へ向けて、主に守備力の修正を中心に調整して臨んでいく姿勢を見せた。
 
取材・氏原英明、文・ベースボールチャンネル編集部